「店舗のイメージ」を視覚化する、ディスプレイ・装飾

快適な売り場はお客様の滞留時間にも貢献します。

滞留時間と売上げは比例することは皆さんご存知でしょう。

お店の形態や商品の内容にもよりますが、お店はやっぱり「雰囲気」や「イメージ」が大切です。

お店が「快適」な空間であることは、お客様の滞在時間が長くなり、その分「売上げ」につながる「確率が上がる」ということですよね。

midorie-img01

 

お店のイメージが、お客様が考えるイメージと異なったり、

お店の雰囲気が、その時のお客様の気分と合わない時のお客様の行動は、

サッサと店を後にするでしょう。

 

お客様は妙な緊張感不安な思い不快な思いをしてまで、そのお店で購買したり、サービスを受けることはありません

「快適なお店」をつくる店内レイアウトのポイント

 

 

「雰囲気」や「イメージ」はお店や商品の【コンセプト】から派生するものです。

「ファミリー層」

「20代の若者層」

「主婦層」

などのターゲット層や、

 

「賑わい」

「商品のボリューム感」

「買いやすさ」

「親しみやすさ」

などの雰囲気、

または、

 

「ハイソな」

「モダンな」

「カジュアルな」

「キュートな」

などのイメージはお店よって様々です。

その「イメージ」によって、飾るディスプレイアイテムやベースとなるカラー、商品を陳列する什器の種類、販促物のデザイン、スタッフの制服などが変わりますよね。

 

お店や会社の狙うターゲット層や、店舗や商品コンセプト、方向性をしっかり確認、整理して、それらを「視覚化」し、お客様に「認知」していただくことがディスプレイ・装飾する最大の目的のひとつです。

 

 

店舗の「イメージ」や「雰囲気」を一目で解りやすく「視覚化」する、ということ。

アパレルなどのファッション関連、インテリア雑貨、本屋、化粧品販売、フラワーショップなどの物販小売店から、

レストラン、居酒屋、カフェ、お弁当などの飲食店

理容院、美容院、エステティックサロン、歯科医院、整骨院、マッサージ店などのサービス業

どんな業種・業態でも、店内に入ってきたお客様はお店に対して「何かしら」の興味関心期待を持って入って来られます。

そんなお客様たちに、接客応対はもちろん、自分のお店らしい「独自性」でディスプレイ・装飾をして、「お店の魅力」、「商品(サービス)」視覚的に伝えて、覚えてもらい販売に結び付けましょう。

 

店舗のディスプレイ・装飾は様々なお店の雰囲気やイメージを視覚的に表現し、

お客様に一目でその雰囲気・イメージを伝える役割を果たします。

 

※「ディスプレイについて」【詳しく解説】

店舗を飾り付ける・商品を飾る ? ディスプレイ(display)とは

 

※「ショーイング」について【詳しく解説】

「販促」に効果的なディスプレイ・ショーイングのヒント・コツ

 

 

 

ご興味沸かれましたら、是非お試しください。

 

ディスプレイの役割?商品(サービス)をお客様にアピールする

 

 

 

関連している、その他の情報:

PR(外部リンク)

The following two tabs change content below.
野村 健(Takeshi Nomura)

野村 健(Takeshi Nomura)

有限会社次元クリエイト 代表: お店や施設、売り場のディスプレイ・店舗装飾、季節の飾り付け、POP(ポップ広告)制作を中心に、《集客》のための販売促進ツールのデザイン企画・制作、装飾品・インテリア・販促品の販売を行っています。 目指すことは、単なる「飾り」や「デザイン」ではなく、《共感性+意外性=面白い!》をテーマに、購買時点で消費者に「伝わる」《情報発信ツール》として、実店舗のディスプレイ・店舗装飾・季節装飾等の販促物制作を提供したい、と考えています。〜加盟団体:福岡県中小企業家同友会会員