「涼感」「暑さ」を演出・表現する夏のディスプレイ・店舗装飾、飾り付け

夏のディスプレイ・店舗装飾や、施設の飾り付けは、「暑さ」と「涼しさ」の両極端の温度感で大きく二つのテーマに分けられます。

ひとつは、暑いからこそ「涼しさ」を求めて「涼感のある」雰囲気を表現・演出する方法と、ふたつめは、夏に「暑さ」を求めて「暑い夏」をイメージ通り表現・演出する方法を表現・演出する方法。

お店や施設に入ったとき、どちらのイメージも満たされるのが理想ですけど、ディスプレイ・店舗装飾の場合、展開したい商品やサービスによって、どちらかに的を絞った演出の方が効果的です。

 

色相で「寒暖」を表現する〜寒色と暖色の違い

色相によって「冷たい」「寒い」と感じたり、「暖かい」「暑い」と感じたりすることがあります。

青や青緑、水色など、寒さや冷たさを感じさせる色を「寒色」。

赤や黄色、オレンジなど、暖かさや温もりを感じさせる色を「暖色」といいます。

 

 

kansyoku

 

dansyoku

 

 

さらに、どちらにも属さない黄緑、緑、紫、無彩色などを「中性色」といいます。

 

tyukansyoku

 

 

寒色系の色は鎮静効果があり「理知的でクール」、暖色系の色は興奮度を高めたり「優しそうで暖かみがある」といったイメージになります。

また、寒色系と暖色系とでは、「体感温度で3度前後の違いが出る」ともいわれています。

 

「涼感を求める夏」 の場合は寒色系でまとめ、「暑さを求める夏」の場合は暖色系でまとめると違いがハッキリしますね。

 

 

 

「涼感」「暑さ」を表現した夏のディスプレイ・店舗装飾、POP(ポップ広告)

寒色を使用した「涼感のある」ディスプレイ・店舗装飾。

寒色系を中心に、モチーフにペンギンを使用したり、「cool」というコピーで涼感を表現しています。

coolsummer01

 

 

百貨店のVPステージ。

金魚、朝顔、風鈴、水をモチーフに組み合わせ、見事に「涼感」が演出されています。

「共感」を得たいディスプレイ・装飾、お中元コーナーなどに適しています。

ただし、モチーフにもよりますが、寒色系のみでまとめると、どうしても「寒々しい」とか「寂しい」イメージになりがちです。

その場合、暖色系のモチーフを1〜2個つけ加えることでバランスがとれ、印象的なディスプレイ・飾りになります。

coolsummer003

 

 

飲食店の飾り、店舗装飾。

暖色系の赤い金魚ちょうちんを使用した風流な装飾。

暖色系ですが、モチーフの金魚が「涼しげ」なイメージを想起させ、和やかな雰囲気をつくり出しています。

coolsummer004

 

 

家電量販店のPOP(ポップ)&ディスプレイ。

寒色を中心に「涼しさ」「冷却」をアピール。

coolsummer005

 

 

暖色系のイエローを全体的に展開した「夏らしい」ディスプレイ・店舗装飾。

アパレル系のディスプレイ・装飾は、商品自体に「涼しさ」や「爽やかさ」「清々しさ」等のコンセプトがあるので、装飾は「暑さ」を全面に表現して、人々の「ニーズを喚起」する方法が効果的です。

coolsummer002

 

 

 

※「夏・盛夏」のディスプレイ・店舗装飾について【詳しく説明】

「夏」のお店や施設のディスプレイ・店舗装飾ヒント・コツ

 

 

※「夏」のディスプレイ・店舗装飾モチーフ・アイテム【夏の花】について【詳しく説明】

【6月・7月・8月】「夏」ディスプレイ・店舗装飾、飾り付けに使用する「季節の花」について

 

 

※「夏」のディスプレイ・店舗装飾モチーフ・アイテムについて【詳しく説明】

夏をイメージするお店や施設のディスプレイ・店舗装飾、飾り付け【モチーフ・アイテム~マリーン】

 

 

※積極的に「あなたのお店の提案を情報発信」して《消費者ニーズを喚起する》【詳しく説明】

「消費者ニーズ」を提案して喚起する、ディスプレイ・店舗装飾、飾り付け

 

 

※「自分のお店や施設、会社の「世界観」とは?」【詳しく説明】

 店舗や施設の「個性」を「独自の世界観」で演出するということ

 

 

 

関連している、その他の情報:

PR(外部リンク)

The following two tabs change content below.
野村 健(Takeshi Nomura)

野村 健(Takeshi Nomura)

有限会社次元クリエイト 代表: お店や施設、売り場のディスプレイ・店舗装飾、季節の飾り付け、POP(ポップ広告)制作を中心に、《集客》のための販売促進ツールのデザイン企画・制作、装飾品・インテリア・販促品の販売を行っています。 目指すことは、単なる「飾り」や「デザイン」ではなく、《共感性+意外性=面白い!》をテーマに、購買時点で消費者に「伝わる」《情報発信ツール》として、実店舗のディスプレイ・店舗装飾・季節装飾等の販促物制作を提供したい、と考えています。