こんにちは。「集客」や「販売促進」のための商品ディスプレイ・季節装飾・店舗装飾・飾り付けをお店や施設・売り場にご提案している、ともながです。

このブログで店舗装飾・ディスプレイについての記事を書かせていただいてますが、そうなるといつ、いかなるときも外出時は見るもの全てがディスプレイ・装飾目線(笑)。

よく言う「アンテナを張っている」という状態。

ですが、このインターネットという超便利な文明が発達している現代、こちらでもツイツイ探し求めてしまいます。

そんな中、最近街中でよく見かける壁面黒板・ブラックボードで「これはステキ!」と感じたお店を厳選して、ご紹介させていただきます。

流行りの黒板・ブラックボードの壁面を使った、おしゃれな店舗装飾・ディスプレイ

壁面黒板・ブラックボード、ペイントやチョークアートでお店を飾る!

最近、お店でよく見かけるのが黒板塗装の壁!

以前から、お店や売り場で提供するメニューなどを書くのに使われていた黒板・ブラックボードですが、今は「手描き」だからこそメニューに限らず、旬な話題やピンポイントな情報、イラストなども描けて、店内が華やぐので人気ですね。

たしかに、「手書き」だと温かみがあり、ついつい目が行っちゃうし、なんだか楽しい気分にさせてくれます。

そしてなんといってもインパクトが強い! 

 

福岡・南区「ロンブラージュ・ビガレ大楠店」

ロンブラージュ・ビガレ_1

店内でひときわ目立ちます

ドリンクとサンドイッチのメニュー表

ドリンクとサンドイッチのメニュー表

ロンブラージュ・ビガレ_2

福岡市南区の有名なパン屋さん

種類も豊富、お手頃価格で人気のパン屋さん「ロンブラージュ・ビガレ大楠店」。

パンのメニュー表として使われていました。

目立つので、思わず目がいきます。

手作りのパンと手描きの黒板メニュー。

パンやケーキ、ペイストリー、パイなどオーブンで焼いた穀粉ベースの食物を調理し、販売するベーカリーと手描きの黒板・ブラックボード装飾は、イメージもピッタリで相性良いですね。

店内画像だけでもお店の雰囲気が十分伝わります。

 

 

福岡・今泉「福岡天狼院書店」

福岡天狼院

小部屋? の壁面が黒板に! ドア部分も全部書けます。

英語部とか、旅部、デザイン部、ピアノ部とかお客様参加型のサークル活動の「部活」があったり、劇団公演を開催したり、映画をつくったり、とにかくいろんな「体験を楽しめる」本屋さん、福岡天狼院。

「手描き」黒板だと「情報」をいつでも更新できるので、イベントや勉強会などの定期的に伝えたい情報があるお店には便利ですね。

天狼院さんのアイデアフルなお店づくりについてはこちら

 

 

愛媛・松山「株式会社マルブン 複合施設 M ベース」

MARUBUN M Base

パスタへのこだわりや、テーブルに着くと一面は新鮮なお野菜畑が広がっているイメージが
運ばれてくる料理をおいしく、ありがたくいただく気持ちにさせてくれます。
http://www.ezuyalan.com/room/2014/08/marubun-m-base.htmlより)

MARUBUN M Base

ドドーーーーーンと黒板ボードペイントで、
ふゎっと自然を感じられるデザインがお店の雰囲気、コンセプトにぴったりです。
http://www.ezuyalan.com/room/2014/08/marubun-m-base.htmlより)

黒板・ブラックボードの壁面装飾は、『「手描き」のあたたかみ』演出が最高ですね。

写真を見るだけで、「行ってみたい!」と思わず気持ちが沸きます、この雰囲気。

愛媛の方がうらやましい!

旅行で行ったら絶対行ってみようと思います。

 

 

大阪「グラングルトン(gland glouton)」

グラン グルトン

ただいまペイント中・・・ 出来上がりが楽しみです♪
http://www.ezuyalan.com/blog/2015/07/post-920.htmlより)

 グラン グルトン

お店の外の壁面にもペイント。ここはパン屋さんなので手作り感が伝わってきていいですね。(http://www.ezuyalan.com/blog/2015/07/post-920.htmlより)

グラン グルトン

7年前に描いた落書きだそう(笑)
http://www.ezuyalan.com/blog/2015/07/post-920.htmlより)

こちらは大阪のパン屋さん。

パンの写真はなくとも、お店づくりから手作りでパン愛にあふれたオーナーだということが伝わってきます。

 

 

愛媛・松山「媛彦温泉 あまねく食堂」

あまねく食堂

媛彦温泉 あまねく食堂
http://www.ezuyalan.com/blog/2016/04/post-1032.htmlより)

黒板・ブラックボードの壁面装飾は、イタリアンやデザートショップなど洋風の飲食店などで使用される印象が強いんですが、和風・和装のお店でも「「手描き」のあたたかみ」でお店の雰囲気を演出することができますね。

お店付近の立ち寄りスポットMAPが「チョークの落書き風」にペイントされていて、お客さまがお食事しながら「このあと、ココも行ってみよぉー」って会話が聞こえてきそうです。

 

 

広島・広島マリーナホップ「mamé deco まめでこ」

こちらはレジカウンターに黒板・ブラックボード。

な~んか「ほのぼの」「ほんわか」してて、気分もゆったりしてきます。

イイ感じです~♪

株式会社マルブンー複合施設Mベースさん、グラングルトンさん、あまねく食堂さん、まめでこさんのお写真はすべて施工を手がけられた広島県にあるデザイン会社、株式会社絵図屋代表の部家さまより「お店を創られる方達にお役に立てるなら本望です」という涙が出るほどうれしいお言葉とともに快く使用許可をいただきました。

ご興味のある方はぜひ、お問い合わせしてみてください。きっとあなたのお店の魅力満載で施工していただけます。

部家さん、ありがとうございます!

 

 

スイス・ラインフェルデン「Feldschlösschen Restaurant」

壁面黒板にはビールにちなんだ絵が描かれておりとっても素敵です

壁面黒板にはビールにちなんだ絵が描かれておりとっても素敵です
(Swiss Fan Club http://swissfanclub-photo.blog.jp/archives/1050416176.htmlより)

ビールにちなんだ絵 ビールにちなんだ絵

こちらはスイス・フェルトシュレッシェンビール工場直営のレストラン。

いちいちオシャレです♪

こちらの画像はスイス愛にあふれるSwiss Fan Clubさまより快く使用許可をいただきました。

こちらのブログを読んでいると「スイスに行ってみたい!」という想いがふつふつとこみ上げてきますよ!

Swiss Fan Clubさん、ありがとうございます!

 

PR(外部リンク)

 

福岡・天神のイタリアン「サルヴァトーレ クオモ アンド バール」(SALVATORE CUOMO & BAR 天神)

SALVATORE CUOMO & BAR 天神

天神のイタリアン サルヴァトーレ クオモ アンド バール(SALVATORE CUOMO & BAR 天神)
http://www.salvatore.jp/restaurant/tenjin/より)

こちらのお店、土日はいつもお客さんが並んでるんです。

一度だけお邪魔しましたが、店内は、ほぼほぼ壁面が黒板。

もちろん料理もステキでしたが、手描きのメニューやイラストなんかが壁一面にペイントされ、すごく賑やかで楽しく、また行きたくなるお店です。

 

 

福岡市中央区「たわ和」

たわ和

ちょうど目線の高さにあるので見やすいです

歩道に面した、お店の壁面にありました! 位置がとってもいいので情報が見やすいです。

 

 

「海外のオシャレトイレ」~トイレの黒板・ブラックボード

ZIGEN-CREATE さんの Pinterest ボードをフォローしましょう。

出典:店舗装飾カザリボのPinterestボード【ピンタレスト】

 

トイレをしながら絵をかくのか?

それとも数学博士だったらトイレする時間ももったいないぐらいで計算?

個人的には数式もおしゃれだと思う(でも、落ち着かなくて、頭痛くなる人はいるかも・笑)。

遊びごころ満載のトイレです!

 

 

ラッシュ~LUSH FRESH HANDMADE COSMETICS

大型ショッピングセンター内にあってもすぐに分かります

大型ショッピングセンター内にあってもすぐに分かります
https://www.lushjapan.comより)

LUSH2

もうすぐ父の日! こんなおしゃれなシャワージェル(液体石鹸)をプレゼントすると、
もっとお父さんかっこよくなりそう♪

売り場で、黒板ではないけれど「手書き風のペイント」でブラックボード装飾している、みなさんご存知、石鹸のお店LUSH。

新鮮な野菜や果物から作った石鹸やスキンケア商品を販売しているイギリス生まれの化粧品、バス用品メーカー。

この店舗が日本に上陸してきた時には、全国の女子は湧きましたよね。

店内のカラフルで特徴のある商品のディスプレイ・陳列と、店内の手描き風ペイントブラックボード装飾が「リアル」な雰囲気を演出しています。

まるでデザートやお菓子屋さんのような、新鮮野菜や果物のマルシェのような雰囲気!

攻めがハンパない。

 

 

いかがでしたか? 今のお店の壁面を全面黒板やブラックボードにするのは大変だけど、街中でよく見かけるお店の前にちょっとした黒板・ブラックボードを置いてお客さまの気を引くことはすぐ出来ると思います。

手描き黒板でお店の価値をもっともっと伝えましょう。

実践されてない方はゼヒ! ゼヒ!

 

最後に………..

おまけ。

おまけ

こういうのけっこう好きです(笑)

 

 

ではではみなさま、自分流の店づくりを楽しみましょう!

 

 

 

関連している、その他の情報:

PR(外部リンク)

The following two tabs change content below.
友永真麗(Mari Tomonaga)
サン・マリン デザインオフィス 代表:世界観や感性、人間力にフォーカスして「もっとつたえて、もっとつながる」をコンセプトに、お店や会社のファン・コミュニティづくり、売上の改善や集客のためのお手伝いをしています。 趣味は釣りとカメラ。得意料理は「鍋」です。 「自分の想いに合ったお客さま」に好かれ、生涯の友人とつながってビジネスと人生を楽しくしていきましょう!