「消費者ニーズ」を提案して喚起する、ディスプレイ・店舗装飾、飾り付けの役割

消費者のニーズを探っても「モノやサービス」は売れない。

このブログはお店や施設のディスプレイ・店舗装飾のお役立ち情報や豆知識を紹介するページです。

ディスプレイ・店舗装飾、飾り付けを導入するための基本的な考え方やコツ、アイテム紹介はもちろん、展開の方法や、発想の仕方、そしてビジネスや商 売に関する「気づき」や「ヒント」など、お店や施設を運営する方々のお役に立てられるであろう様々な「情報」を、ディスプレイ・店舗装飾を通した視点で提案・発信しています。

今回は、モノ余りの時代の「消費者ニーズ」について考えてみました。

重要なことは「ニーズを聞く」ことではなく、「ニーズを提案する」ということ。

お客様に「ニーズを提案する」ために、お店や施設に欠かせない「情報発信」としてのディスプレイや店舗装飾について。

 

oosaka012

 

「本当に欲しいモノ」は消費者自身もわかっていない、という事実

販促ツールやディスプレイ・店舗装飾の仕事をしていて担当者の方とお話ししていると、よく「お客様のニーズがない」とか「その商品に消費者ニーズはあるか?」という言葉を耳にします。

「消費者を知る」、「消費者ニーズを聞く」ということは、これまでのマーケティングではとても重要だと言われてきました。

「消費者ニーズを聞く」とは、モノが隅々まで行き渡り、モノがカンタンに売れなくなった時代に入り、競合他社の商品やサービスとの「差別化」を図るために、「顧客満足(customer satisfaction:CS)」を主軸にして、消費者の「声」を聞き出し、商品開発や販促に利用しようというマーケティング手法のひとつ。

企業が「売れる商品」を開発するために、消費者が求めているモノを、アンケートなどの調査で「消費者自身に聞く」ことで「良い商品」を生み出すことができ、その商品は消費者にとって「良い商品」のはずだから、「きっと売れるはず…」、と踏んだ手法。

あたかも、「顧客満足」の充実のために「消費者にニーズを聞く」ことが正しいとされてきました。

 

ところが、なかなかうまく売れない。

結果、大抵の企業やお店は、消費者の「表層心理にあるニーズに応える」ことだけしかできなくなり、一部では価格を下げて販売しなければ、売れなくなってしまった。

消費者の「商品」に対する表層心理の基準は、やっぱり「価格」なんですよね。

まずは「安い!」が一番。「できるだけ安くて良いもの」や「価格の高いものは、良くて当たり前」など、消費者の商品に対する考えの基準は「価格」なのは、いつの時代も不変です。

だから、消費者の表層心理だけを聞いてしまうと、「安い商品が「顧客満足」を充実させる」、と考えてしまって「価格競争」にしかならない。

 

「消費者ニーズ」を否定しているわけではありません。

ただ、「消費者ニーズ」を聞いて商品開発しても、必ずしも良い商品にはならない、ということ。

 

そもそも「人々のニーズ」というものは、表層的なものではなく、多くの場合「深層心理」に存在している。

ましてや、モノが隅々まで行き渡った時代、消費者も昔に比べて「強烈に欲しいモノ」が減っていて、消費者自身も「本当に欲しいモノ」が分かっていない。

消費者に「あなたが本当に欲しいものは何ですか?」と具体的なことを聞いても表層的な答えしか返ってきません。

 

だから、モノ余りの現代に、消費者ニーズを探ったり参考にしたりしても「無駄が多い」と思うんです。

 

 

PR(外部リンク)

 

 

ディスプレイ・店舗装飾、飾り付けで、消費者ニーズを積極的に提案する。

消費者は「情報」を知って「モノが欲しくなる」~店舗装飾の役割

モノ余りの現代は、消費者ニーズを探ったり、参考にして商品開発するよりも、消費者に「ニーズ(必要性のある欲求)」を示してあげた方がいい。

消費者に「ニーズ」を「提案」する。

 

「あなたの欲しいのはこれではないか?」

「あなたはこんな生活がしたいのではないか?」

「あなたはこれを購入すると、こんなに良い事がありますよ。だから欲しくないですか?」

 

と、いうようなことをお店や施設の店頭、あるいは商品やサービスを目前にした購買時点で、提案する。

 

憧れの生活やちょっと上の生活、

新しい世界観、

新しいライフスタイル、

新しいニーズ、

 

に、気づかせてあげる。

 

そんな「提案」をお店から受けたお客様は、今まで気づきもしなかった「自分の欲望」や「欲求」に気づかされる。

「潜在ニーズ」を喚起して、「欲しかったモノ」を想い出させる。

消費者は、知らなかった「情報」を知って「モノが欲しくなる」ということです。

 

oosaka011

 

だから、お店や施設は「ニーズの提案」や「独自の世界観」という「情報」を、常に発信するべきだと思う。

現代の消費者は、「自分の欲しいもの」に気づいていません。

今よりも、もっと「集客」して「売上げ」を上げたいと思ったら、消費者ニーズを聞いたり、合わせたりするのではなく、

消費者ニーズを喚起すること。

新しいモノやコト(体験)、自分たちが考えるライフスタイルを「提案(情報発信)」して、消費者の深層心理にある「気づいていないニーズ」に気づかせてあげること。

が重要だと思うのです。

 

シーズン毎やギフトイベント毎に、ディスプレイ・店舗装飾、飾り付けを切り替えているお店や施設は、お客様に積極的に提案しています。

お店や施設のディスプレイ・店舗装飾、飾り付けは、「単なる、飾り」ではありません。

店頭で、直接、視覚的に、わかりやすく「お店の提案」を演出するためのツールです。

今よりも、もっと「集客」して「売上げ」を上げたいと思ったら、積極的に「あなたのお店の提案を情報発信」して《消費者ニーズを喚起する》ことをおススメします。

 

 

ご興味湧かれましたら是非お試しください。

 

 

※「自分のお店や施設、会社の「世界観」とは?」【詳しく説明】

お店や施設の「個性」を「独自の世界観」で演出するということ

 

 

※「なぜディスプレイ・店舗装飾をするのか?」【詳しく解説】

お店や施設に「店舗装飾・飾り付け」をすると一体何が起こるのか?

 

 

※「共感」について【詳しく解説】

お店や施設を「好きになってもらう」ためのヒント『共感』とは

 

 

 

 

関連している、その他の情報:

PR(外部リンク)

The following two tabs change content below.
野村 健(Takeshi Nomura)

野村 健(Takeshi Nomura)

有限会社次元クリエイト 代表: お店や施設、売り場のディスプレイ・店舗装飾、季節の飾り付け、POP(ポップ広告)制作を中心に、《集客》のための販売促進ツールのデザイン企画・制作、装飾品・インテリア・販促品の販売を行っています。 目指すことは、単なる「飾り」や「デザイン」ではなく、《共感性+意外性=面白い!》をテーマに、購買時点で消費者に「伝わる」《情報発信ツール》として、実店舗のディスプレイ・店舗装飾・季節装飾等の販促物制作を提供したい、と考えています。