ディスプレイ・店舗装飾、飾り付けで「お店に行くだけで価値のある」環境演出をしよう。

このブログは、お店や施設のディスプレイ・店舗装飾の「お役立ち情報や豆知識」を紹介しています。

ディスプレイ・店舗装飾、飾り付けを導入するための基本的な考え方やコツ、アイテム紹介はもちろん、展開の方法や、販促や集客企画の手法、ビジネス・商売に関する「気づき」、思いつきのアイデア、仕事に対する「ヒント」まで、店舗装飾、飾り付けの仕事を通して、思ったこと、感じたことを個人的な見解で発信しています。

今回は、情報通信技術の発達で、年々厳しさが増すばかりのリアル店舗において、店舗装飾やディスプレイ、飾り付けの役割について。

「行くだけで価値のあるお店」になるための施策について考えてみました。

 

問題は、商品やサービス以外の「付加価値」がお店にあるか、どうか。

モノや情報が溢れている現代。

同じような商品やサービスを取り扱う、お店や企業は山ほどあります。

ましてや、スマホやタブレットなどの普及でインターネットへの接続が発達した現在、どこにいても気軽に「情報」が手に入るし、「買い物」だってカンタンにできる時代です。

 

飲食店でも、服飾や雑貨などの小売店、美容室、ドラッグストア、クリーニング店などなど、

様々な業種業態のリアル店舗において「商品やサービス」を提供しているお店の店舗環境は、年々厳しさが増すばかりです。

 

omise02

 

 

さらに「競合店舗」や「商品・サービス情報」はどんどん増え続け、人々の選択肢が多くなる時代。

 

そんな時代に、お客様に「来店してもらう」ためには、

訪れる “ だけ ” で、価値のあるお店

でなければならないんだと思います。

 

 

商品やサービス以外の「価値」がお店にあるか、どうか。

「お店自体の魅力」があるか、どうか。

ということ。

 

 

わざわざ時間と労力を使って「お店を訪れる価値」を、お客様に感じていただくためには、

お店の演出が不可欠なんだと思います。

 

お客様の「視覚」や「聴覚」に訴える『演出』をすること。

 

見やすく、分かりやすく、手にとりやすい商品の陳列やレイアウトなども大切ですけど、

それだけでは、「行く“だけ”の価値」につながりません。

 

「行くだけで楽しい」

「行くだけで幸福な気分になれる」

「行くだけで時間を忘れられる」

 

などなど、商品やサービス以外の「付加価値」を演出することで、

「心の満足感」をお客様に与えることができます。

 

omise00

 

お店全体の雰囲気や、居心地の良い空気感など「心の満足感」につながる店舗空間の演出は、

ディスプレイ・店舗装飾、飾り付けによって表現することができます。

 

お店の魅力をお客様に伝えられ、「心の満足感」を感じていただき、共感してもらい、再び来店してもらうためには、

 

○お店のコンセプトやテーマをしっかりと定める。

 

ディスプレイ・店舗装飾や照明による視覚的な演出をする。

 

BGMによる聴覚への演出に気遣う。

 

ことが大切です。

 

つまり、人々の五感に響く「居心地の良い」演出を心掛ける、ということ。

 

 

「いかに商品を効率よく売るか」と考えるよりも、

 

「繰り返し、足しげく、お店に通いたくなる」お店の演出をする

 

ことに尽力した方が、

結果的に効率よくリピーターを獲得できるはずです。

 

 

ご興味が湧かれましたら、是非お試しください。

 

 

※「ディスプレイ」について【詳しく解説】

お店を飾り付ける・商品を飾る~ディスプレイ(display)とは

 

 

※「共感」について【詳しく解説】

お店や施設を「好きになってもらう」ためのヒント『共感』とは

 

 

 

 

 

関連している、その他の情報:

PR(外部リンク)

The following two tabs change content below.
野村 健(Takeshi Nomura)

野村 健(Takeshi Nomura)

有限会社次元クリエイト 代表: お店や施設、売り場のディスプレイ・店舗装飾、季節の飾り付け、POP(ポップ広告)制作を中心に、《集客》のための販売促進ツールのデザイン企画・制作、装飾品・インテリア・販促品の販売を行っています。 目指すことは、単なる「飾り」や「デザイン」ではなく、《共感性+意外性=面白い!》をテーマに、購買時点で消費者に「伝わる」《情報発信ツール》として、実店舗のディスプレイ・店舗装飾・季節装飾等の販促物制作を提供したい、と考えています。