「独自の世界観」をお店や施設、売り場に演出し表現するディスプレイ・店舗装飾、飾り付け

ディスプレイ・店舗装飾、飾り付けを導入するための考え方やコツ、装飾品・販促品の紹介はもちろん、ビジネス・商売に関する「ヒント」まで、店舗装飾、飾り付けの仕事を通して、思ったこと、感じたこと、気づいたことを個人的な見解を中心に発信しています。

このサイトは、お店や施設、売り場のディスプレイ・店舗装飾、飾り付け、POP(ポップ広告)の「お役立ち情報や豆知識」を紹介しています。

今回は、ディスプレイ・店舗装飾、飾り付けを導入すると、お店や施設、売り場にもたらされる「6つのこと」のひとつ、「世界観」の演出について。

 

情緒や雰囲気、空気感など「独自の世界観」が重要視される時代

一昔前に比べて「情緒」「雰囲気」「空気感」など「独自の世界観」が重要視される世の中になってきた。

たまたま友人の車で流れていた「SEKAI-NO-OWARI(セカイノオワリ)」のDVDを観ていて思ったことです。

彼らのライブDVDを観ていて、独特の「世界観」に鳥肌が立つくらい感動してしまった。

 

メロディや詩の音楽性、ボーカルの声質やスタイル、メンバーのファッション、ステージ上の舞台演出、ライティングなどなど、どれをとっても、独特の「世界観」がきちんと表現されていて、演出もブレていない。

総てが統一されている。

だから、その雰囲気や空気感を通して、音楽以外の部分でも「あ、いいな」とか、「お、カッコイイなぁ」と感じた人はメチャクチャ好きになる、と思った。

 

何というのか、ボキャブラリーが少ないので言葉として表現できないのが申し訳ないけど、とにかく彼ら独自の世界観を持っていることは確か。

大勢の若い世代の人が、彼らを「好き」になる気持ちが、多少なり分かるような気がする….

 

最近は、そんな「独自の世界観」をもって、それを表現する若いアーティストがたくさん活躍しています。

昔から「演者」といわれる方々は、歌なら歌で、芸術なら芸術で、お笑いならお笑いで、などなど各々その道の「芸」を極めた者が、他を寄せ付けない、圧倒的な表現をすることで、世間の目に留まり、ヒットしたり、人気者になったりした。

加えて最近は、「独自の世界観」を持った若いアーティスト達の表現する「世界観」に、人々が「共感」し、その世界観を「共有」して、表現者やアーティストと一緒になって盛り上がっている。

だから、ただの流行ではない、ように思うんです。

a1180_015832

 

PR(外部リンク)

 

大切なことは、商品やサービスの「アピール」ではなく、あなた自身の「ファン」をつくること。

ただの流行は、今も昔も一過性の隆盛に過ぎません。

店舗や施設を運営する上では、「ただの流行」を追いかけるのではなく、関係する人々との長く太い「繋がり」が大事だと思う。

「独自の世界観」をディスプレイ・店舗装飾や飾り付けで演出して表現する、そして、その世界観を「好き」になって貰うこと、「共感」してもらうことが現代の情報過多時代には必要です。

だって、

「商品やサービス」だけだったら、他の店舗や施設、売り場、ネットショップでも売ってますから。

 

ただ単に商品やサービスの紹介や売込みでは、お客様との「長く太い繋がり」は作れません。

 

企業やお店の商品・サービスを「伝える」ことは当然のこととして、お店や施設の「独自の世界観」を表現することで、人々から「共感」「好感」を得る。

そして、その想いを「共有」することができれば、お客様との「繋がり」や「関係性」をより強くして《販売》に結びつけることができます。

 

店舗や施設にとって大切なことは、

「独自の世界観」を演出することで、商品やサービスの「アピール」ではなく、あなた自身やお店自体の「ファン」が作れる。

ということなんです。

 

 

「独自の世界観」を創造するヒント・コツ

「独自の世界観」を構築するには、お客様に商品やサービスなどモノの特徴や機能の紹介以外の「伝えたいこと」を様々な視点から考察することです。

POP(ポップ広告)や販促ツールの制作は、情報を受け取るお客様を中心に物事を考えて、「お客様が体験するコト」を表現するべきですが、「独自の世界観」は、発信する側の個性や価値観を中心に思考します。

 

あなたは、どんなこと好きで、どんなことが嫌いか、また、なぜそう思うか。

あなた自身が大切に感じるもの(こと)は何か、また、なぜそう感じるか。

あなたの人生や、見るものについて、どう思い、どう感じるか。

 

など、「個性」や「価値観」の整理が必要です。

たとえそれらの答えが人と同じでも、違っていても、「価値観」は誰の心にも存在します。

だから、何かを感じられる。

その「個性」や「価値観」が、強烈に他と異なっていたり、特殊であればあるほど、インパクトが強まり人々の印象に残ります。

 

企業やお店、施設でも同じことが言えます。

ただし、企業やお店の場合は「世界観」を人々に伝える必要がありますね。

 

だから、お店や施設、売り場、取り扱う商品やサービスを通して、

 

どんなお客様に来てもらいたいか。

その人に、どうなってもらいたいか。

その人に、どんな体験をしてほしいのか。

その人に、どんな思い出をつくってほしいのか。

 

など、お客様に体験してほしいこと、お客様に感じてほしいこと、などの「想い」や「価値観」、つまり、モノ以外でお客様に伝えたい「付加価値」を、

思慮深く、様々な視点をもって物事を見つめることで「独自の世界観」は創り出せます。

 

 

ディスプレイ・店舗装飾、飾り付けは、お店や施設、売り場の「世界観」を表現する空間演出・販促ツール

ディスプレイ・店舗装飾、飾り付けは、お店や施設の「世界観」を表現する空間演出・販促ツールです。

「世界観」=「想い」や「価値観」という、目には映らない情緒や空気感などを、いかにして視覚を中心とした五感に訴えるか、ということが重要になります。

 

肩肘張らず、気軽で、フレンドリーな感覚で、利用してもらいたい。

少し敷居を高めにして、高級志向の方々に、クオリティの高いサービスで、満足いく時間を過ごしてもらいたい。

大人も子供も安心して楽しめる、笑顔の絶えない、和やかな空間を提供したい。

溜まったストレスを癒す、ゆるーく、まったりした雰囲気で、リラックスしてもらいたい。

 

などなど、

人々に伝えたい企業やお店、施設のモノ以外でお客様に伝えたい「付加価値」を、ディスプレイ・店舗装飾で視覚的に空間演出して「独自の世界観」を表現することで、お客様との太くて強い「繋がり」や「関係性」が構築できます。

 

ご興味湧かれましたら、是非お試しください。

 

 

※「人々から「共感」を得るには」について【詳しく解説】

お店や施設を「好きになってもらう」ためのヒント『共感』とは

 

 

※ お店や施設、売り場における販促活動で、大切なことは「情報」と「情緒」のバランス【詳しく説明】

ディスプレイ・店舗装飾で「情緒」を表現する

 

 

※【共感】を得るための表現方法4つのヒント・コツ【詳しく解説】

広告・販促物、ディスプレイ・店舗装飾において【共感】得るための表現、4つのコツ

 

 

 

関連している、その他の情報:

PR(外部リンク)

The following two tabs change content below.
野村 健(Takeshi Nomura)

野村 健(Takeshi Nomura)

有限会社次元クリエイト 代表: お店や施設、売り場のディスプレイ・店舗装飾、季節の飾り付け、POP(ポップ広告)制作を中心に、《集客》のための販売促進ツールのデザイン企画・制作、装飾品・インテリア・販促品の販売を行っています。 目指すことは、単なる「飾り」や「デザイン」ではなく、《共感性+意外性=面白い!》をテーマに、購買時点で消費者に「伝わる」《情報発信ツール》として、実店舗のディスプレイ・店舗装飾・季節装飾等の販促物制作を提供したい、と考えています。〜加盟団体:福岡県中小企業家同友会