人生やビジネスに役立つ・心に響く名言集〜瀬戸内寂聴

一日の終わりに、良い言葉に出会うと「明日の活力」になる。

いつも、その日の仕事が終了して、PCの電源を落とす直前に、私的なサイトやメールを一通りチェックするのですが、

今日も、仕事が終わって自分のFaceBookをチェックしていたところ、

友人の記事(厳密には友人の友人)に瀬戸内寂聴さんの言葉が掲載されているのが目にとまりました。

 

サクサクッっと斜め読みしながらチェックして、すぐに「閉じよう」と思っていたこともあったし、

瀬戸内寂聴さんのその言葉も、なんだか「当たり前」のことを「フツー」に言ってるだけの感じがしたので、

「ザックリ」目を通して、とりあえず「いいね!」だけは押して、

パタパタと閉じてしまったんですが…

 

でも、

PCの電源を落として、帰り支度をしているあいだに、

 

なんだか、

じわじわじわ〜〜っと、想いが込み上げてきて、

 

頭の中で、何度も何度も蘇ってくるんです。 その言葉が。

 

 

居ても立っても居られず、帰り支度をやめて、もう一度PCを立ち上げました。?

 

 

その言葉がコレ。

お子さんに「何のために生きるの?」と聞かれたら、

「誰かを幸せにするために生きるのよ」

と答えてあげてください。

 

- 瀬戸内寂聴 -

 

 

瀬戸内寂聴さんのその言葉は「当たり前」じゃなかったし、「フツー」でもない言葉でした。

 

『自分以外の「誰か」の幸せのために生きることで、自分も生きられる』

 

分かっているつもりのことでした。

 

 

でも、見失ったり、忘れちゃうんですよね、人って。

 

 

もちろん、子どもにはこういう言葉を「伝えたい」と思った。

 

でも、子どもに伝える前に、「自分自身」に、もう一度「インプットするべきこと」だとも思いました。

 

 

心に響き、人生そのものに役立つ言葉ですが、もちろんビジネスにも役立ちます。

 

このブログでも何度も言っていることですけど、

世の中は今、ソーシャルメディアの時代になり「共感のマーケティング」というキーワードがよく出てきます。

 

瀬戸内寂聴さんの言葉は、その「共感」を考えるときに絶対に必要な言葉です。

 

「何のために生きるのか」

「何のために売るのか」

「何のために仕事するのか」

「何のためにやるのか」

 

 

ビジネスや仕事における一つ一つの行動、そして発言も、

 

それは「誰かを幸せにするため」ですよね。

 

 

元来、人は皆そうやって生きているんです。

 

『自分以外の「誰か」の幸せのために生きることで、自分も「幸せ」に生きられる』

 

 

今日一日の終わりに、とても良い言葉と出会うことが出来て本当に良かった。

 

ありがとうございました。

 

 

 

※お店や施設の「集客」に役立つディスプレイ・装飾の販促アイデア【詳しく解説】

「情報発信」するディスプレイ・装飾~ポップアップショップ

 

※お客様に「好きになってもらう」キーワード『共感』について【詳しく解説】

お店や施設を「好きになってもらう」ためのヒント『共感』とは

 

※「ディスプレイ」について【詳しく解説】

店舗を飾り付ける・商品を飾る~ディスプレイ(display)とは

 

 

関連している、その他の情報:

PR(外部リンク)

The following two tabs change content below.
野村 健(Takeshi Nomura)

野村 健(Takeshi Nomura)

有限会社次元クリエイト 代表: お店や施設、売り場のディスプレイ・店舗装飾、季節の飾り付け、POP(ポップ広告)制作を中心に、《集客》のための販売促進ツールのデザイン企画・制作、装飾品・インテリア・販促品の販売を行っています。 目指すことは、単なる「飾り」や「デザイン」ではなく、《共感性+意外性=面白い!》をテーマに、購買時点で消費者に「伝わる」《情報発信ツール》として、実店舗のディスプレイ・店舗装飾・季節装飾等の販促物制作を提供したい、と考えています。〜加盟団体:福岡県中小企業家同友会会員