【飲食店や美容室に役立つ】商品の価値を伝えて、欲求を想い起させるメニューの書き方~店舗装飾のヒント

お店のメニュー表は、「店舗装飾」でもあり、強力なプレゼンテーション・セールス・ツール

「メニュー表」、「お品書き」ってありますよね。

メニューとは、『レストランで販売している商品の一覧』、『料理の品目を示した表』を意味しています。

最近では、意味が少々転じていて「サービスメニュー」「トレーニングメニュー」「本日の仕事メニュー」などと言った「商品の品目」や「あらかじめ行動する内容を書いた紙、または予定」などの意味もあり、様々な使い方をされています。

menu002

 

メニュー表は、商品やサービス内容の一覧を、ファイルケース入れたり、印刷してブック型に製本されたものや、印刷物をパウチ(ラミネート加工)したもの、または、店舗装飾の一部として、パネルにサービス一覧をまとめて柱面に取り付けていたり、壁面にディスプレイされた黒板に「本日のおすすめ品」を書いたりしたもので、サイズ・形態は様々です。

居酒屋さんやカフェ、レストランなどの飲食店をはじめ、美容室、ネイルサロン、クリーニング店、スポーツジムなど、「サービス」提供しているお店では、ほぼ準備されていますね。

「お店のサービス内容と価格」を、来店されたお客様に伝えるためのツールですから、店舗や施設を運営する際は必須のツールです。

 

ただし、時々残念なメニュー表を見かけます。

ただ単に「サービス内容」と「値段」だけ載せているだけのメニュー表。

料理の名前と値段だけのお品書き。

もちろん「紙面に余裕がない」とか「毎日更新するから」とか、「お店の方針」とか、「デザインの方向性」とか、様々な理由はあるかと思いますが…

menu003

 

でも、それでは、もったいないです。

メニュー表は、もっと丁寧に、もっと工夫を凝らしていいツールなんです。

なぜなら、メニュー表って、「サービス内容と価格」を単に告知するためだけのものではなく、お客様が「このお店は《どんなお店か》」を知るためのツールだから。

 

飲食店ならば「その料理の価値を伝えて、お客様のニーズを想い起させる」ツールです。

美容室ならば「ヘアスタイルを教えてあげて、お客様が気づいていない新しいスタイルに気づいてもらう」ツール。

 

メニュー表は、接客以外でお客様と一番最初に向き合い、商品やサービスをアピールする「購買時点広告」、POP(ポップ広告)の役割をもっています。

お店側からお客様への大事な「プレゼンテーション」のツール。

サービスを提供するお店にとって、強力なセールス・ツールなんですね。

集客に役立つ店頭POP(ポップ広告)・店舗装飾のヒント・コツ

 

なにも、高級レストランのメニュー表のようにお金を掛ける必要はありません。

でも、せっかく作るのですから、お客様視点に立った「お客様にきちんと伝わる」メニュー表で「商品の価値」を上げて積極的にアピールしたいですね。

 

PR(外部リンク)

 

お客様視点に立ったメニュー表の書き方

はじめて来店されるお客様は、まずメニュー表を見てそのお店のサービス内容を知ります。

お客様は、お店の経営者やスタッフが思っているほど、お店のこと、お店の取扱い品目、サービス内容を知らないし、常連のお客様でも覚えていません。

そして、大半のお客様は来店して席に着いても、まだ「欲しいもの」は決まっていません。

「どんなお店か」

「何を得意としているお店か」

「他のお客さんは何を注文しているのか」

そして、自分が「何を欲しているのか」。

最初から、「コレ」と決めて来店されるお客様もいらっしゃるでしょうが、大半は席に着いてメニューを見るまで「何をオーダーするのか」迷っています。

だから、「商品の価値が、きちんと伝わるメニュー表」はとても重要なんです。

ただ「当店こだわり」とか「おススメ」と、ひと言だけ書くのではなく、「商品(料理やサービス)の特徴」「おススメの理由」を出来るだけ詳しく提示してあげるだけで、その商品の『価値』が上がります。

 

例えば、

「鶏の唐揚げーーー980円」だけではなく、

『宮崎県から直送入荷!パリッと揚げたて、鶏の唐揚げ。

表面はカリッカリで香ばしく、柔らかくジューシーな若鶏。

当店自慢のヒット料理。

10人中9人の方から再注文頂いています!

宮崎県産・鶏唐揚げーー980円』

 

「サーロインステーキ200gーーー2,800円」だけではなく、

『当店シェフが飼料から買い付けまで一貫してこだわった、ドライエイジドビーフ(乾燥熟成肉)。

適度に日にちをかけて熟成することで生まれる、ふくよかな香りは絶品。

柔らかなお肉の旨みが、噛みしめるほどに、お口に広がる優しい味わい。

ドライ・エイジド・サーロインステーキ200gーー2,800円』

 

「フライドポテトーーー280円」だけではなく、

ついつい手が伸び〜る、サクサクの食感がたまらない!

みんな大好き!フライドポテトーー280円』

 

※紙面やスペースが足りない場合は、短いコピーをタイトルに添える感じ。赤文字の部分だけを抜粋して使用するといいですよ。

ただ単に「商品名と値段」を掲載した時より、商品の「価値」が見事に上がっていますよね。

 

メニューをつくる時に大切なことは、大抵のお客様は、あなたのお店の商品を「知らない」し「覚えていない」ことを前提に考えることです。

お店の経営者やスタッフは、自店の商品が「どんな良い商品か」をもちろん知っています。

その「良さ」を一生懸命、どうにかして「伝える」。

「商品の価値をきちんと伝える」、それがお客様の「購入の動機」になります。

お客様の「購入の動機」や「買う理由」が明確になってはじめて「商品の価値」が上がった、ということです。

「情報」や「提案」が具体的になればなるほど、お客様の「購入後」の体験想像が明確になり、関心から興味、欲求へと変化します。

 

menu001

 

もちろん、美味しそうな写真画像付きならば尚更良いのですが、紙面やスペースには限りがあります。

メニュー全部の写真画像を付けるのが無理な場合でも、キャッチコピーを「お客様側視点に立った」コピーに書き替えるだけで、お客様に確実に伝わり、「商品の価値」が上がります。

『その商品を購入すると「購入後に、どんな体験が得られるか」』を、具体的に提示し、キャッチコピーとして表現することで、メニューを見たお客様に「商品の価値をきちんと伝える」ことができれば、「集客」や「リピート率」、「売上げ」に繋がるのです。

 

現代の消費者は、「自分の欲しいもの」に気づいていません。

今よりも、もっと「集客」して「売上げ」を上げたいと思ったら、

消費者ニーズを喚起すること。

 

新しいモノ事や、お店が考える提案を「プレゼンテーション」して、消費者の深層心理にある「気づいていない潜在的ニーズ(欲求)」に気づかせてあげることが大切です。

お店のメニュー表は、ただ「サービス概要」を告知する掲示板ではありません。

お店や施設の店舗装飾・ディスプレイであり、強力なプレゼンテーション・セールス・ツールなのです。

 

ご興味湧かれましたら是非お試しください。

 

メニュー表の文章やコピーづくりは「POP(ポップ広告)」の制作と似ています。

POP(ポップ広告)について、もっと知りたい方はこちら↓で詳しく解説していますので、ぜひどうぞ。

集客に役立つ店頭POP(ポップ広告)・店舗装飾のヒント・コツ

 

 

※積極的に「あなたのお店の提案を情報発信」して《消費者ニーズを喚起する》【詳しく説明】

「消費者ニーズ」を提案して喚起する、ディスプレイ・店舗装飾、飾り付け

 

 

※「自分のお店や施設、会社の「世界観」とは?」【詳しく説明】

 店舗や施設の「個性」を「独自の世界観」で演出するということ

 

 

店頭で伝わるキャッチコピー・タイトル6つのポイント【詳しく説明】

店舗や施設の店頭で販促ツール、ディスプレイ・店舗装飾に役立つ「伝わるキャッチコピー」の作り方ヒント・コツ

 

 

 

 

関連している、その他の情報:

PR(外部リンク)

The following two tabs change content below.
野村 健(Takeshi Nomura)

野村 健(Takeshi Nomura)

有限会社次元クリエイト 代表: お店や施設、売り場のディスプレイ・店舗装飾、季節の飾り付け、POP(ポップ広告)制作を中心に、《集客》のための販売促進ツールのデザイン企画・制作、装飾品・インテリア・販促品の販売を行っています。 目指すことは、単なる「飾り」や「デザイン」ではなく、《共感性+意外性=面白い!》をテーマに、購買時点で消費者に「伝わる」《情報発信ツール》として、実店舗のディスプレイ・店舗装飾・季節装飾等の販促物制作を提供したい、と考えています。