【単価アップ】ファミリーレストランなどの飲食店のディスプレイ・店舗装飾、飾り付けヒント・アイデア

このブログは、お店や施設のディスプレイ・店舗装飾のお役立ち情報や豆知識を紹介するページです。

アパレル関連のお店から飲食店、物販小売店、または、美容室、病院、学校、アミューズ施設などの様々なサービスを提供しているリアル店舗に、ディスプレイ・店舗装飾、飾り付けを導入するための基本的な考え方やコツ、販促・集客の方法、装飾アイテム紹介をしています。

また、販促物の展開の方法や、発想の仕方、ビジネスや商売に関する「気づき」や「ヒント」など、お店や施設を運営する方々のお役に立てられるであろう様々な「情報」を、ディスプレイ・店舗装飾を通した視点で提案・発信しています。

 

今回は、ファミリーレストラン・飲食店のディスプレイ・店舗装飾、飾り付けについて。

「集客を増やす」、「客単価をアップする」ための施策や企画は、何もマス媒体を使った広告やチラシ、DMなどの販促物だけではありません。

お店側の「ちょっとした気づき」や「ちょっとした工夫」が、「滞在時間」を伸ばし「客単価」のアップにつながる、というお話しです。

 

郊外のイタリアンレストランで見かけた飲食店ディスプレイ・店舗装飾

先日、郊外のイタリアンレストランで見かけた店内ディスプレイ・店舗装飾。

通常、ファミリーレストランなど比較的スペースが広い飲食店は、

お店のスタッフが遠目からでもお客様のテーブルの状態が確認できるように、

ソファの背もたれや仕切りを最大限低くしています。

 

そのお店は、ファミリーレストランのテーブルのレイアウトと同じように、

4人掛けテーブルがソファの背中越しに3台並んでいたのですが、

背中合わせの隣のテーブルとの仕切り部分に、

ワインの木箱を積み木のように組み合わせたディスプレイ・店舗装飾をしているんです。

 

 

テーブルに着くと正面に座った相手の頭越しに、木箱の壁がある、というイメージ。

その3つのテーブル席は、木箱の壁に囲まれた感じで、個室のように周囲から仕切られているのです。

 

そう、まさに『個室』

 

ファミリーレストランに『個室』が出来上がったというイメージ。

 

しかも、木箱の中はワインのボトルや、

にんにくやパプリカなどのイタリアンで使用する食材(もちろんフェイクフード)、

オリーブオイルなどの調味料、

グリーン(造花植物)などを使って「賑わい」が演出されています。

 

これが、とっても雰囲気が良かった。

 

famires003

 

ワイン箱の木と造花植物のグリーンが全体の雰囲気を和らげ、

食欲をそそる演出がなされているわけです。

 

しかも、個室っぽく仕切られているから、

隣のテーブルを気にせずリラックスして会話ができる。

 

そんな演出の装飾品に囲まれて食事すると、話も弾んで、ついついワインをもう一杯注文したくなりますよね(笑)

 

 

こちらのお店の狙いは、まさにソレ。

 

仕切られた『個室』という空間に、目に優しいグリーンと木箱で落ち着いた雰囲気を創り出し、

視線の先の食材や調味料で料理を連想させ、

美味しそうなワインのボトルで至福なひと時を想像させる…

 

必然と、お客様の滞在時間も長くなる。

ということは、

当然、客単価のアップにつながる可能性は高いですよね。

 

 

「味覚」「嗅覚」はもちろん、店舗装飾などによる「視覚」や、BGMなど音響による「聴覚」も楽しめる演出は、

レストランなどの飲食店には必須です。

 

なぜなら、

お客様はレストランなどの飲食店に、ただ単に「食事に来ただけ」ではないからです。

 

例えば、美味しい料理とお酒を戴きながら、会話を楽しみ、家族や恋人、または友人と「幸福なひと時」を味わいに来られています。

 

この「個室スペース」を創ったイタリアンレストランは、来店するお客様の「幸福なひと時」を演出してあげているんですね。

と、同時に客単価アップに繋がれば、言うことないです。

 

お店や施設のディスプレイ・店舗装飾、飾り付けは、レストランなどの飲食店に来店するお客様の「視覚」を楽しませる『演出ツール』であり、売上げアップのための『販促ツール』でもあるんですね。

 

ご興味が湧かれましたら、是非お試しください。

 

 

※「共感」について【詳しく解説】

お店や施設を「好きになってもらう」ためのヒント『共感』とは

 

 

※「体験マーケティング」について【詳しく解説】

「共感」を得るために「体験」を語るマーケティング、販促手法。

 

 

※「ディスプレイ」について【詳しく解説】

お店を飾り付ける・商品を飾る~ディスプレイ(display)とは

 

 

 

 

 

関連している、その他の情報:

PR(外部リンク)

The following two tabs change content below.
野村 健(Takeshi Nomura)

野村 健(Takeshi Nomura)

有限会社次元クリエイト 代表: お店や施設、売り場のディスプレイ・店舗装飾、季節の飾り付け、POP(ポップ広告)制作を中心に、《集客》のための販売促進ツールのデザイン企画・制作、装飾品・インテリア・販促品の販売を行っています。 目指すことは、単なる「飾り」や「デザイン」ではなく、《共感性+意外性=面白い!》をテーマに、購買時点で消費者に「伝わる」《情報発信ツール》として、実店舗のディスプレイ・店舗装飾・季節装飾等の販促物制作を提供したい、と考えています。〜加盟団体:福岡県中小企業家同友会会員