「情報」だけではなく、「情緒的」なディスプレイ・店舗装飾、飾り付けが、お店や施設、売り場の《価値》を高める。

お店や施設における販促活動で大切なことは、「情報」と「情緒」のバランス。

モノやサービスを提供するお店や施設は、人々に利便性や商品(サービス)特性を伝える「情報発信」をして、販売や集客に繋げます。

ディスプレイ・店舗装飾など店頭の販促活動も、その「情報発信」のひとつなのですが、「情報発信」に「情緒」を加えることで人々への「伝わり方」が大きく変わります。

では、「情緒」を加えるとは、いったいどういうことでしょう。

例えば、誰かにお手紙を書くとき、

「暦の上ではもう春ですが、まだまだ寒い日が続きます。皆様いかがお過ごしでしょうか….」

とか、本文の前に書きますね。

上記の文章は日本的な「季節のごあいさつ」なんですけど、用件以外の文章に、相手を気遣った前文を入れるだけで、落ち着いていて丁寧な印象が表現できて、手紙を受け取る側に「情報」以外の「想い」が伝わりそうです。

これが、用件だけの、「新商品入荷。7月3日発売」という、電報みたいな文章だと、どうでしょう?

「情報」だけだと、単純明快ではあるけど、「想い」までは伝わらない。

エクスペリエンス・マーケティング(通称エクスマ)を提唱している、藤村正弘さんのフェイスブックより引用させていただきました。

人々の「記憶」に残したり、ニーズを「想起」してもらうためには、まずお店や施設など、提供する側の「想い」を、商品(サービス)を使ってほしい人に、伝えなければ伝わりません。

だから、「情報」にプラスして「情緒」の表現がないと、モノやサービスの良さ、それらに対する「想い」が、うまく「伝わらない」のです。

 

rain06

 

PR(外部リンク)

 

お店や施設、売り場における販促活動でも、大切なのは「情報」と「情緒」のバランスです。

それは、チラシやDMなどの印刷物、店頭のディスプレイ・店舗装飾、POP(ポップ広告)、店舗看板・サインに至るまで、あらゆる広告・販促物に言えること。

お客様や人々に「情報」としてしっかり「伝えたい」ときは、「情緒」や「独自の世界観」「独自の空気感」を表現し、人々から「共感」していただいた上で、「想い」を伝えることが大切なんです。

「モノやサービス」だけだったら、他のお店でも売ってますからね。

モノや情報が洪水のように溢れる現代社会で、「人々に伝わる」販促物をつくる際、「情緒的なもの」の価値がますます高くなってきていると思います。

 

お店や施設、売り場など「購買時点」におけるディスプレイ・店舗装飾、飾り付けは、「情緒」を表現できる販促ツールです。

「情報」と「情緒」のバランスという観点から、お店や施設のディスプレイ・店舗装飾を見直してみることも、大切なのではないでしょうか。

 

ご興味が湧かれましたら是非お試しください。

 

 

※「人々から「共感」を得るには」について【詳しく解説】

お店や施設を「好きになってもらう」ためのヒント『共感』とは

 

※【共感】を得るための表現方法4つのヒント・コツ【詳しく解説】

広告・販促物、ディスプレイ・店舗装飾において【共感】得るための表現、4つのコツ

 

※「お客様の入店数を高める3つのポイント」について【詳しく解説】

お店や施設で「お客様の数を増やす」ためのディスプレイ・店舗装飾、飾り付け、3つのポイント

 

 

関連している、その他の情報:

PR(外部リンク)

The following two tabs change content below.
野村 健(Takeshi Nomura)

野村 健(Takeshi Nomura)

有限会社次元クリエイト 代表: お店や施設、売り場のディスプレイ・店舗装飾、季節の飾り付け、POP(ポップ広告)制作を中心に、《集客》のための販売促進ツールのデザイン企画・制作、装飾品・インテリア・販促品の販売を行っています。 目指すことは、単なる「飾り」や「デザイン」ではなく、《共感性+意外性=面白い!》をテーマに、購買時点で消費者に「伝わる」《情報発信ツール》として、実店舗のディスプレイ・店舗装飾・季節装飾等の販促物制作を提供したい、と考えています。