「秋」の店舗や施設のシーズンディスプレイ、店舗装飾、飾り付けのヒント・コツ

店舗や施設、売り場にとって、夏から秋への切替えディスプレイ・店舗装飾は、とても重要だと言えます。

なぜなら、「秋」は店舗や施設のディスプレイ、店舗装飾にとって、「変化」を大きく表現できるシーズンだからです。

「夏」という開放感いっぱいのアクティブで活動的なシーズンから、「しっとり」「穏やか」な季節への移り変わりは、人々の感情に与える影響が強い時期です。

店舗装飾やディスプレイ、飾り付けでお店や施設、売り場を演出することで、ハロウィン、クリスマスを控えた「秋」から「冬」にかけての後半戦の商戦時期に売上げ・集客を伸ばすためにも、人々の「秋」に対する想いをうまく汲みとり、お客様の心をお店に惹きつけることが大切です。

 

※「秋」店舗装飾・ディスプレイ、飾り付けのPinterest【ピンタレスト】クリエイティブアイデア集【詳しく説明】

秋の季節店舗装飾・ディスプレイ、飾り付けアイデア集

 

 

秋【autumn】とは~

一年の中でも特に暑い頃、毎年8月7日~8日ごろが、立秋(りっしゅう)です。

この日が暑さの頂点なんですけど、暦の上では立秋から「秋」が始まるんですね。

立秋は、夏至秋分の中間で、初めての気配を感じる頃とされ、昼夜の長短を基準に季節を区分する場合、この日から立冬(11月8日頃)の前日までが「秋」の季節ということです。

 

でも、現実的には8月中旬、つまり、お盆を過ぎるあたりから、人々は「夏」の終わりを感じはじめ、「秋」を意識しだします。

 

日本の四季には、それぞれの季節に「初・中・晩」がついていて、季節の時期を表す言葉がありますね。

秋にも、

初秋(しょしゅう)ーー立秋(8月8日頃)から白露(9月8日頃)の前日まで。

中秋(ちゅうしゅう)ーー白露(9月8日頃)から寒露(10月8日頃)の前日まで。

晩秋(ばんしゅう)ーー寒露(9月8日頃)から立冬(11月8日頃)の前日まで。

があります。

 

8月の中旬から11月上旬までのシーズン「秋」は、秋の長雨や台風などと天候が変わりやすい時期ですけど、暑さも和らぎ、気候も爽やかで、過ごしやすい日が続きます。

「実りの秋」「収穫の秋」といわれるほど、穀物や野菜、果物などが美味しい季節だから、人々の食欲も旺盛になりますし、「秋の連休」もあり、ブライダルや旅行、スポーツ・文化・娯楽イベントなども多々催され、人々の行動が活発になりますね。

autumn001 

 

秋【autumn】季節のお店や施設、売り場のディスプレイ・店舗装飾、飾り付けを始める時期

ディスプレイ・店舗装飾のスケジュール的に、百貨店やショッピングモールなど大型の施設では、やはり8月のお盆を境に「秋」の展開を始めます。

まだまだ、残暑が残る暑い時期ですが、お店や施設、売り場のシーズンディスプレイ・店舗装飾の感覚的には、お盆過ぎあたりから、9月の中下旬「秋分の日」後くらいまでを「初秋」としているところが多いようです。

それはお店や施設、売り場にとって、いわゆるハッピーマンデー制度の実施によって、2003年(平成15年)から、敬老の日が9月第3月曜日となったため、「秋分の日」を加えた「秋の連休」時期にあたること、10月のハロウィンイベントなど、イベントスケジュールが影響していると思われます。

 

最近では、8月下旬〜9月上旬ごろから「敬老の日」のギフトイベントと並行して「秋のディスプレイ・店舗装飾」を展開するパターンが多いようです。

シーズンディスプレイ・店舗装飾は「初秋」、ギフトイベント・イベント装飾は「敬老の日」、という展開ですね。

そして10月は、いよいよ「ハロウィン」のディスプレイ・店舗装飾シーズンになります。

 

halloween001

※「敬老の日」ギフトイベントについて【詳しく解説】

秋のギフトイベント・敬老の日のディスプレイ・店舗装飾ヒント・コツ

 

※「ハロウィン」の由来・仮装の意味・店舗装飾アイテムの豆知識など【詳しく解説】

ハロウィン【Halloween】お店や施設、売り場のディスプレイ・店舗装飾、飾り付けに役立つ豆知識

 

 

PR(外部リンク)

 

秋【autumn】シーズンの一大イベント「ハロウィン」の店舗装飾

秋のギフトイベント装飾は、9月の「敬老の日」の装飾、10月の「ハロウィン」店頭装飾へと続きます。

特に「ハロウィン」イベントは、大人から子供まで楽しめる、秋の一大イベントに成長しました。

数年前より、多くの若者の間で「コスプレイベント」として盛り上がっていて、年々市場規模が大きくなっています。

2014年には「バレンタインデー」の市場規模を超えた、などとも言われています。

ハロウィンがバレンタインデーを超える?

halloween001 

「ハロウィン」は年々益々盛り上がっています。

11〜12月のクリスマスと同様に、10月は消費者の興味や関心が「ハロウィン」に集中します。

「ハロウィン」は「クリスマス」と同様に、参加する年齢層、性別、ファミリー、カップル関係なく、幅広い層に受け入れられているイベントです。

みんなで楽しむイベント。

お店が「楽しく」なると、お客様も「楽しく」なります。

子供達のためのお菓子やスウィーツ、デザート、部屋や玄関を飾るインテリア装飾・雑貨関係、コスプレに使うコスチュームや小物など衣類・服飾関係、ハロウィンパーティなどの飲食店関係などを中心に、その他様々なサービス業のお店や施設、売り場で「ハロウィン」を利用した販売促進・集客促進の展開が予想されます。

 

人々の消費マインドが活発な時期だからこそ直接関連性はなくても、お店や施設、売り場のディスプレイ・店舗装飾、飾り付けをして「ハロウィン」に力を入れて、お客様と共に「楽しむ」企画で、お店や施設、売り場の「ファンづくり」に繋がるのではないでしょうか。

 

お店や施設のハロウィン【Halloween】ディスプレイ・店舗装飾、飾り付けヒント・コツ【詳しく説明】

ハロウィンのお店や施設ディスプレイ・店舗装飾、飾り付けヒント・コツ

 

※ハロウィン装飾の定番「かぼちゃ」が使われる本当の理由【詳しく説明】

ハロウィン【Halloween】店舗装飾、飾り付けに役立つ豆知識

 

 

autumn002 

  

秋【autumn】のディスプレイ・店舗装飾、飾り付け、販促ツール制作のポイント・キーワード・モチーフのヒント

秋【autumn】」で連想するもの。

「秋」をテーマにしたお店や施設、売り場のディスプレイ・店舗装飾、飾り付け、その他広告・販促物の制作をお考えの際、参考にしてみてください。

 

暑かった夏が終わり、涼しく過ごしやすい秋。

「秋【autumn】」「オータム」のシーズンは、夏や冬のように極端に暑すぎず、寒すぎない、爽やかで過ごしやすい気候なので、多くの人から好感を持たれるシーズンです。

 

※秋の演出に役立つディスプレイ用品・店舗装飾品、飾り付けアイテム紹介【詳しく解説】

「秋」ディスプレイ・店舗装飾、飾り付け、販促物のモチーフ・アイテム

 

ギラギラした太陽や耳に響く蝉の声で騒がしかった夏の季節に比べ、「穏やか」で、「のんびり」「平穏」なイメージ。

「落ち着き」「安らぎ感」、「寛ぎ感」もあります。

農作物や自然の収穫や実り「深み」「渋み」も秋の特徴です。

逆に、活動的だった夏が終わり、少し「寂しげ」「悲しい」、気分が落ち込むイメージもあるようです。

 

○「実りの秋」「収穫の秋」

○「芸術の秋」「読書の秋」

○「食欲の秋」「味覚の秋」

○「スポーツの秋」

○「レジャーの秋」

○「ハロウィン」

○紅葉(もみじ)

○オータムリーフ(秋の葉)

○枯れ枝、木

○秋の果物ーー柿、栗、梨、葡萄(ぶどう)、巨峰、りんご、みかん、いちじく、あけび、ラ・フランス

○虫の声ーー鈴虫、コオロギ

○秋の食材ーー秋刀魚(さんま)、松茸、銀杏(いちょう)、新蕎麦、稲・穀物

○秋の植物・花ーーコスモス、キンモクセイ、ススキ

○中秋の名月

○山々の紅葉

○敬老の日

 

a0070_000082 

 

店舗装飾・ディスプレイ、飾り付けに役立つ、秋の色(カラー)構成・配色のヒント

秋の店舗装飾・ディスプレイの基本となる色(シーズンカラー)

秋は「深み」や「渋み」のあるカラーが合うシーズンです。

特に茶色やベージュなど「落ち着き感」のあるカラーが、最初に思い当たる配色です。 

躍動感ある「夏」との対比もあり、「落ち着き」は秋をイメージする配色でのポイントになります。

「落ち着き感」のある配色とは、自然の木々や空、海など原色に近い鮮やかな色を多用した夏のカラーから、気候の変化、気温の低下などから次第に色褪せ、やがて「無彩色」を基調とする冬へ移行する過程の秋独特の配色です。

 

autumn-color

 

春や夏のカラーと比べて、彩度や明度を下げたウォームカラーが多用されます。

同じ色相でも、彩度や明度を下げたウォームカラーは、落ち着き感をイメージさせます。

使用する色の色相差を縮めてまとまりを持たせ、アクセントで鮮やかな色を使用するなどの工夫で、春や夏とは異なる「秋らしい」賑わいや楽しさを表現することができます。

 

赤系や黄色系の配色は、秋のモチーフによく使われる「紅葉」を美しく彩ります。

 

秋をテーマにしたお店や施設、売り場のディスプレイ・店舗装飾、飾り付けをお考えの際、参考にしてみてください。

※「秋」店舗装飾・ディスプレイ、飾り付けのPinterest【ピンタレスト】クリエイティブアイデア集【詳しく説明】

秋の季節店舗装飾・ディスプレイ、飾り付けアイデア集

 

 

※秋の演出に役立つディスプレイ用品・店舗装飾品、飾り付けアイテム紹介【詳しく解説】

「秋」ディスプレイ・店舗装飾、飾り付け、販促物のモチーフ・アイテム

 

 

※「ディスプレイ」について【詳しく解説】

お店を飾り付ける・商品を飾る~ディスプレイ(display)とは

 

 

※「ショーイングのテクニック」について【詳しく解説】

「販促」に効果的なディスプレイ・ショーイングのヒント・コツ

 

 

関連している、その他の情報:

PR(外部リンク)

The following two tabs change content below.
野村 健(Takeshi Nomura)

野村 健(Takeshi Nomura)

有限会社次元クリエイト 代表: お店や施設、売り場のディスプレイ・店舗装飾、季節の飾り付け、POP(ポップ広告)制作を中心に、《集客》のための販売促進ツールのデザイン企画・制作、装飾品・インテリア・販促品の販売を行っています。 目指すことは、単なる「飾り」や「デザイン」ではなく、《共感性+意外性=面白い!》をテーマに、購買時点で消費者に「伝わる」《情報発信ツール》として、実店舗のディスプレイ・店舗装飾・季節装飾等の販促物制作を提供したい、と考えています。