通りすがりの人々にお店をアピールする幟(のぼり)設置のススメ

あなたのお店を知らない「見込み客」に「何のサービスを扱っているお店か」を知ってもらう販促ツール。

新しくお店を構えたとき、外側へのアピールって必須ですよね。

どんなサービスでも必ず取り付けてるのが、看板・サイン。

どんな業種、業態でも、一般の人々に何らかのサービスを提供するお店だったら、必ず設置します。

あなたのお店を知らない誰かに、自分のお店が「何のサービスを提供するお店か」を知らせる重要なものです。

もし、看板が無かったら…みんな素通りしてしまいます。

あなたのお店が一般の人々を相手にしているサービスだったら、通りすがりの人たちはすべて潜在的な「見込み客」ということです。

「ここに」○○のサービスをやっている店がある、ということを覚えてもらうことが大切です。

飲食店だったら、のれん赤提灯、立派なサインです。

なにも、お金を沢山かけて、電気代かけて、大きな電飾のサインでなくてもいいんです。

自分が「来てもらいたい」「買ってもらいたい」お客様に合わせて、お店のイメージを伝えることこそが重要ですね。

 

 

簡単にできる販促ツール。しかも外観の装飾にもなる「幟(のぼり)」

ポピュラーな販売促進ツール「幟(のぼり)」の特長

上記のような外装の看板やサイン、POP加えて、もうひとつ、

通りすがりの人々にアピールする、最もポピュラーな販売促進ツールとして「幟(のぼり)」があります。

お店を構えている方々は皆さん、とっくにご承知ですね。

nobri

 

幟(のぼり)は、

アイキャッチ効果が高く

風で煽られるので賑わいが出ます

そしてなにより安価です。

広大な土地で運営しているショッピングモールやパチンコホールなどは別ですが、小さなお店や路面店だったら、2〜3本立てれば十分です。

最近では印刷技術の発達で、オリジナルでデザインや写真画像付きや形状が異なる幟が、一昔前に比べたら低コストで出来るので、競合店や近隣他店との差別化も可能です。

 

ただ、幟(のぼり)の設置で気をつけたいことがあります。

 

 

外装の幟(のぼり)の設置で、やってはいけないこと。

●強風などの影響で傾き放しや、ボロボロになったまま、ホッタラカシの幟(のぼり)

効果どころか逆にイメージ悪くします。

ボロボロの幟(のぼり)を見てイメージ良くなることはありません。

しかも「通行の妨害」になったり、「街の景観」を損ねたり、交通安全の観点からも危険ですので、設置の際は必ず担当者を決めて運営・管理することが望まれます。

 

 

●営業時間ではないのに出し放しの幟(のぼり)

店舗入口に「のれん」を使用しているお店は、営業終了と同時にのれんを仕舞います。

それと同じです。

営業が終わってるのに販促ツールを片付けないのは、お客様側から見るとルール違反です。

これもイメージ悪くなります。

それと、外装で使用する幟(のぼり)は、イタミが早いです。

安価とはいえ、せっかくお金出して作ったからには、営業が終わったらきちんと店内に仕舞い込み、大切に使いましょう。

 

 

●情報やデザインを入れ過ぎて、意味が分からない幟(のぼり)

先ほども申し上げた通り、

最近ではオリジナルの幟(のぼり)を設置しているお店をよく見かけます。

フルカラーで写真画像も入れられます。

幅45cm〜60cm高さ180cm〜の大きな面にデザインが施されます。

ただ、幟(のぼり)のデザインは制作上、平面で作られます。

グラフィックデザインです。

情報も沢山入れることが出来るし、画像も鮮明だし、「どうせ作るなら…」と欲張ります。

ここでよく間違いが起こるのです。

 

幟はポン地という生地に印刷して、竿というポールに取り付け設置します。

風に煽られ、ヒラヒラと動きます。

この動きが通りすがりの人や車から目を引き、アイキャッチ効果を生むのですが、

そこに書いてある小さな文字までは、

 

ほぼ「見えません」。

 

っていうか、通りすがりの人は、

 

ほぼ「見てません」。

 

 

幟(のぼり)の基本は「シンプル イズ ベスト」

幟(のぼり)のデザインの基本は、「ザ・シンプル」

「大きな図案」と「(なるべく)大きな文字」それと「シンプルなカラーリング」。

これだけで十分に人々の目を引きます。

たくさん幟(のぼり)をつけなければならない大型のお店は、

同じ高さ、同じ間隔で並べる色の塊となり、

遠目から来る車からでも容易に視認できます(大抵の大型店は大きな道路沿いにありますね)。

 

小さなお店だったら、最低2本から設置してみましょう。

数が多ければ多いほど

「色の塊」視認効果が上がります。

(でも、前述の通り歩行、通行の妨げ、近隣への迷惑になることだけは十分注意)

幟(のぼり)の面に、こだわった情報を載せるより、店の前を通る見込み客への「視認性」重視ということです。

 

「掲載する情報」、つまり「材料」をシンプルにまとめてデザインすることは、制作側のデザイナーにとって結構難しい仕事なんです。

デザイナーさんと細かくお打ち合せして制作することが大切になりますね。

 

安価で販促効果も期待できる幟(のぼり)。

入ってみたくなるお店の外観の装飾としてお勧めします。

 

お試しください。

 

入口の外観で「入店率」を上げることができる

 

 

 

 

関連している、その他の情報:

PR(外部リンク)

The following two tabs change content below.
野村 健(Takeshi Nomura)

野村 健(Takeshi Nomura)

有限会社次元クリエイト 代表: お店や施設、売り場のディスプレイ・店舗装飾、季節の飾り付け、POP(ポップ広告)制作を中心に、《集客》のための販売促進ツールのデザイン企画・制作、装飾品・インテリア・販促品の販売を行っています。 目指すことは、単なる「飾り」や「デザイン」ではなく、《共感性+意外性=面白い!》をテーマに、購買時点で消費者に「伝わる」《情報発信ツール》として、実店舗のディスプレイ・店舗装飾・季節装飾等の販促物制作を提供したい、と考えています。〜加盟団体:福岡県中小企業家同友会会員