集客に役立つディスプレイ・装飾、店舗の飾り付け、来店促進・入店率アップのヒント・コツ

入口外観の飾りで店舗への導入・入店率を上げることができる。

入店率は、入店客数÷店舗前通行人数で表します。

店舗前通行人数とは、お店の前を通行する人々のことで、「潜在的な見込み客」のことですが、お店の立地やロケーションに左右されることになります。

すでに営業されている店舗では、街全体の動線が変わるまで「店舗前通行量を増やす」ことは不可能に近い事案です。

 

 

では、「売り上げ」を上げるためには、

 

「来店者数を増やす」

 

こと、

 

「入店率を上げる」

 

ということが、最大の課題になりますよね。

 

 

「来店者を増やす」には、できるだけ多くの人々にお店の存在を知ってもらうことが、何より重要ですよね。

 

できるだけ多くの人々に「認知」してもらうには、テレビや新聞、印刷物配布などマス媒体を使ったプロモーションが常套手段です。

 

ただし、マス広告は経済的負担が大きい。

 

プロモーションは費用帯効果と継続性が大切です。

 

費用対効果や継続性からプロモーションを考えた場合、マス媒体に偏ったプロモーションでは莫大な費用がかかり過ぎます。

 

 

効果的に「来店者を増やす」「入店率を上げる」方法としては、

マス媒体を展開する一方で、お客様が実際に足を運ぶ現場、お客様がリアルに買い物やサービスを受ける店舗での、

 

「店頭プロモーション」

 

 

「購買時点プロモーション」

 

の展開を強化することが最優先ではないでしょうか。

 

店舗で「潜在的な見込み客」に直接呼びかけ、店舗へ誘導する施策が「来店者数を増やす」「入店率を上げる」が重要なポイントになります。

 

 

※「POP(ポップ)広告」について【詳しく解説】

集客に役立つPOP(ポップ)装飾のヒント・コツ

 

 

「来店者を増やす」「入店率を上げる」ディスプレイ・装飾、店舗の飾り付け

「入店率を上げる」手法のひとつに「店舗ディスプレイ」があります。

 

先程も申し上げた通り、通りすがりの人たちはすべて潜在的な「見込み客」です。

 

「ここに○○のサービスをやっている店がある」ということを覚えてもらうことも大切です。

 

しかし、認知に加えて店舗前を通る人々に〈興味〉をもってもらい、

「なぜ、この店に入るのか?」というお店に入る「動機」を与えてあげる、ことが重要です。

 

人は「動機」がなければ、行動しません。

 

飲食店だったら、のれん・赤提灯はサインですが、立派な「広告」です。

サインで店の存在を知ってもらい、

POP広告メニュー板、のぼり、飾りのタペストリーで、お店の商品や提供するサービス、メニューの内容を告知する際、

 

「入店していただいたら、こんなお得体験ができますよ!」

 

という入店の動機をアピールすることが大切です。

 

easelpop

 

また、お店の「個性」を全面に出すことで、近隣他店や競合他店との差別化もできます。

 

「商品・サービス内容」や「価格」の差別化だけでなく、

自店のイメージ、雰囲気、特長など「個性」を伝えることで、お客様から〈共感〉を得られ「リピート」に繋げられます。

 

大抵の人々は常にニーズを持って行動しているわけではありません。

 

その装飾物やサインを見て自分自身で「興味」を感じた瞬間、

 

「今は必要ないけれど覚えておこう」

 

と考え「記憶」してもらい、

 

いつかそれが必要になったときに、また、時間が空いてそれが欲しくなった時に、お客様自身が記憶を思いだし、来店してくれるのです。

 

 

販促物やキャンペーンと違い、効果の「即効性」は少ないかもしれませんが、入口周りや外装の飾り、ディスプレイ・装飾はとても重要なツールですね。

 

 

※来店促進・集客について【詳しく解説】

来店促進・入店率アップのヒント・アイデア【その②】

 

※「ディスプレイ」について【詳しく解説】

店舗を飾り付ける・商品を飾る ? ディスプレイ(display)とは

 

※「ショーイングのテクニック」について【詳しく解説】

「販促」に効果的なディスプレイ・ショーイングのヒント・コツ

 

※「配色テクニックによる店舗演出」について【詳しく解説】

店舗ディスプレイ・装飾に役立つシーズン演出するための飾り付けの配色カラーヒント・コツ

 

 

 

 

 

関連している、その他の情報:

PR(外部リンク)

The following two tabs change content below.
野村 健(Takeshi Nomura)

野村 健(Takeshi Nomura)

有限会社次元クリエイト 代表: お店や施設、売り場のディスプレイ・店舗装飾、季節の飾り付け、POP(ポップ広告)制作を中心に、《集客》のための販売促進ツールのデザイン企画・制作、装飾品・インテリア・販促品の販売を行っています。 目指すことは、単なる「飾り」や「デザイン」ではなく、《共感性+意外性=面白い!》をテーマに、購買時点で消費者に「伝わる」《情報発信ツール》として、実店舗のディスプレイ・店舗装飾・季節装飾等の販促物制作を提供したい、と考えています。〜加盟団体:福岡県中小企業家同友会会員