お店や施設の「集客」に役立つ外観の装飾・ディスプレイ、飾り付け(集客ツール)

来店促進や集客のための最もポピュラーな販促・集客ツール『幟(のぼり)』

外観の装飾物で一番に思い出されるのが「幟旗(のぼり)」。

店舗や施設の入口やお店の敷地周りなんかでも、集客ツールとしてよく飾り付けられているのを見かけますね。

街中でも、公共の施設でも、高速道路のパーキングでも、観光地でも、どこでも見かけます。

 

「ココに○○を提供するお店がありますよ!」

とか、

「このお店は×××ができるお店です!どうぞお立ち寄りください。」

とか、

「○○の商品取り扱ってます!お得ですよ!」

 

など、自分のお店をPRする販促・集客ツールですね。

 

小売店や飲食店、アミューズメント施設、不動産会社など、お客様が来店される様々なサービスのお店を運営されている方々は既にご存知ですね。

運営されていない方でも、通りがかりに幟(のぼり)は見たことがありますよね。

 

PR(外部リンク)

 

「うどん」「そば」

から、

「お昼ランチやってます!」

とか、

「新装開店オープン!」

とか、

「モデルルーム公開中!」

などなど、一言でそのお店のサービスやイベントを告知して、お店の存在をアピールして集客しています。

 

 

店舗の外観に設置する「販促・集客ツール」としては、面積が大きく、ゆらゆらと風に煽られ動きが出る「幟(のぼり)」は、

 

「アイキャッチ効果」が高く

「安価」で、

「カンタン」

 

販売促進・集客ツールとして、多くの店舗運営者から支持され、愛用され続けています。

 

 

「お店の存在」をアピールする「集客できる、目立つお店づくり」には「幟(のぼり)」が効果的!

もし、店頭や店周りに何も装飾していなかったら、「視認性」が低く、通りを行き交う人々は「お店の存在」に気付いてくれません。

比較的に高い位置に設置する「サイン(看板)」だけでは、人々の視野に入らず、「何のお店か」という具体的な情報が伝わりにいのです。

なぜなら、通常、通りを歩く人々は、

 

「自分の目的や用事の事しか考えていません」

から。

 

あなたのお店を知っているわけではないですし、1店1店お店を確認しているわけでもありませんよね。

まったく別のことを考えていることもあるだろうし、人々の生活や考えていることは様々です。

皆さんもそうですよね。

 

 

でも「目立つお店」には興味や関心を持ちます。

「視認性」が高いお店ですね。

 

「あれ、なんだろう?」

という「?」から始まり、興味、関心へと繋がります。

 

街中であれば、他に様々な業種やサービスを提供する、多くの店舗が並び、それぞれが同じように様々なやり方で自分のお店をアピールして宣伝しています。

 

そんなたくさんのお店の中から、人々にあなたのお店が「選ばれる」ためには、

まずは視認性を高くして「お店の存在」を示すこと「お店を知ってもらう」ことが大切です。

 

「安価」で、「カンタン」な幟(のぼり)は、

「アイキャッチ効果(視認性)」が高く

「お店の存在」をアピールする「目立つお店」づくりには、

とても効果が高いツールです。

 

nobri

 

「遅効性」の販促・集客ツール『幟(のぼり)』

店舗の装飾・ディスプレイなど、お店でおこなわれる販促「遅効性」です。

チラシやDMなどの印刷物媒体のような「速効性」のある販促物とは真逆です。

 

幟(のぼり)や店舗装飾・ディスプレイは、日頃から店舗や取り扱う商品(サービス)の「認知度」を高めておくためのツールです。

 

今の時点では、まだ、あなたのお店の商品やサービスに全く興味や関心のない人でも、幟(のぼり)や外観の装飾・ディスプレイで「お店の存在」を示していれば、自然と「お店の存在」を認識して、記憶してもらえることができます。

 

そして、その人が「必要」と感じたり、「欲しい」と思ったときに、

 

「あ、そう言えば、あそこに○○のお店があったなぁ…行ってみようかな…」

という可能性が高くなります。

 

お店の中身(何のサービスか、とか、何の商品か、とか)が分かりにくければ、認知もされず、記憶にも残りません。

記憶に残らなければ、

いざ 「○○しよう!」と思っても、候補にすら上がらないことになります。

 

 

「目立つ幟(のぼり)」を店頭や店周りに設置すると

お店の前を通る、あなたのお店をまだ知らない人々、

つまり、将来「お客様」になるカモしれない「見込み客」に、常日頃から目にしてもらい、

イメージを記憶してもらうことで、

集客につなげることができる

ということですね。

 

ご興味沸かれましたら、是非一度お試しください。

 

 

※「「集客に役立つ」ディスプレイ・装飾、飾り付けとは」について【詳しく説明】

『人々の感情に響かせ、人々のこころを動かす【情報発信】』

 

※「差別化ではなく独自化で他店と差をつける」について【詳しく説明】

今の時代、お店にとって大切なことは「差別化」よりも「独自性」

 

店舗や施設で「お客様の数を増やす」ためのディスプレイ・装飾、飾り付け【詳しく説明】

お客様の「入店数」を増やす3つのポイント

 

 

 

 

関連している、その他の情報:

PR(外部リンク)

The following two tabs change content below.
野村 健(Takeshi Nomura)

野村 健(Takeshi Nomura)

有限会社次元クリエイト 代表: お店や施設、売り場のディスプレイ・店舗装飾、季節の飾り付け、POP(ポップ広告)制作を中心に、《集客》のための販売促進ツールのデザイン企画・制作、装飾品・インテリア・販促品の販売を行っています。 目指すことは、単なる「飾り」や「デザイン」ではなく、《共感性+意外性=面白い!》をテーマに、購買時点で消費者に「伝わる」《情報発信ツール》として、実店舗のディスプレイ・店舗装飾・季節装飾等の販促物制作を提供したい、と考えています。〜加盟団体:福岡県中小企業家同友会会員