お店や施設、売り場、ショップの販売促進・集客のためのディスプレイ・店舗装飾、飾り付けに役立つ7つの思考方法

このブログはディスプレイ・店舗装飾、POP(ポップ広告)など、お店や施設、売り場、ショップの販促物の制作に関するヒントやアイデア、お役立ち情報や豆知識を紹介しています。

今回は、「情報発信に役立つ7つの思考法」について。

人々に「情報発信」する内容は、「前向き」で「役立つ情報」を意識することが大切だ、というお話し。

お店や施設、売り場における、ディスプレイ・店舗装飾、飾り付けも「情報発信」のひとつです。

販促物の制作や装飾の導入でお悩み方々の参考になれば幸いです。

 

お店や施設、売り場の「ヒントや役立つ情報発信」をするときに必要な思考について

エクスペリエンス・マーケティング(通称:エクスマ)の藤村正宏(ふじむら・まさひろ)さんから教わったことのひとつ、「運が良くなる思考」。

【運が良くなる思考】

○不平不満を言わないこと

○他人の悪口を言わないこと

○環境に順応して生きること

○まわりの些細なことに感謝すること

○心穏やかに生きること

○自分の良いところを生かすこと

○社会や誰かの為に奉仕すること

 

運を良くするためには、運が良くなる思考をすることが大事です。

思考がそうなれば、行動がそうなります。

そうすると、自然に運が良くなるんじゃないかなと思う。

 

※引用:藤村正宏氏ブログ 〜 運が良くなるコツ。成功している人は共通点がある。

 

ボクは、この7つのポイントを、心豊かな人生を送るための「行動規範」として捉えています。

【運が良くなる思考】というタイトルだけど、「前向きに仕事に向き合うための思考」という感じでしょうか。

 

いずれも正論で、簡単なことのように感じるけど、全部実行するのはなかなか難しい…

「わっかっちゃいるけど…」って感じです。

特に、「不平不満〜」や「他人の悪口〜」に関しては、ちょっと油断すると知らず知らずのうちに愚痴ってたり、他人に同調したりしてしまいます…。

 

ただ、『「情報発信」をするときの思考』として捉えると、納得できました。

 

「情報発信」の内容は、「前向き」で「人に役に立つ」情報でないと、人は興味・関心をもってくれないからです。

 

ブログやSNSで「情報発信」をする上での心がけとして、大いに役に立っています。

 

keitai

 

 

人々の「役に立つ」ような、良い「情報発信」は、自分のためにも良い。

ボクのブログは、お店や施設を運営している方々の、販促物やディスプレイ・店舗装飾、飾り付け、POP(ポップ広告)などの販促ツールの制作において、お困りの方やお悩みの方に、少しでも「ヒント」になったり、「お役に立てられたら…」という思いで書いています。

仕事上経験したことや、思ったこと、気づいたこと、教えてもらったこと、勉強になったこと、考えさせられたこと、などなど「前向き」で「役に立つ」情報発信をしたい、と思っています。

人々のヒントになったり、役立つ「情報発信」をする上で、

 

誰かの悪口や不平不満は必要ないし、

環境に順応した情報でないと意味がないし、

どんな些細なことでも、プラスに考えることが必要だし、

心を穏やに思考しなければ良い文章が浮かばないし、

自分に出来ることや考えたことしか伝えられないし、

社会や誰かの役に立ちたいわけです。

 

“思考がそうなれば、行動がそうなります”

『人々に役立つような、良い「情報発信」は、自分のためにも良い』ということなんです。

 

お店や施設、売り場やショップにおける店舗装飾やディスプレイ、飾り付けやPOP(ポップ広告)も、通りを歩く人々やお客様に対する「情報発信」のツールです。

「情報発信」は、人々に伝わらなければ意味がありません。

「伝わる情報発信」とは、お客様に、悩みの解消やライフスタイルなどの「ヒント」や「役に立つ」情報を発信することで、商品やサービスに「興味・関心」「共感」をもってもらうことです。

そのためには、販促物を制作する段階で、上記の「前向きに仕事に向き合うための思考」をもって取り組むことが大切なのではないでしょうか。

ぜひ、【運が良くなる7つの思考】をヒントにして、人々に伝わる「情報発信」に取り組んでみてください。

 

かという、ボク自身もまだまだ鋭意特訓中でして…、時間もかかるし、文章も下手だけど、出来るだけ多くの方々のお役に立ちたいので、精進してもっともっと頑張ります!

 

今後ともよろしくお願い致します。

 

 

※「ディスプレイ」について【詳しく解説】

お店を飾り付ける・商品を飾る ~ ディスプレイ(display)とは

 

 

※「お客様の入店数を高める3つのポイント」について【詳しく解説】

お店や施設で「お客様の数を増やす」ためのディスプレイ・店舗装飾、飾り付け、3つのポイント

 

 

※店舗や施設の「集客」で最も大切なことは「選ばれるお店」になるということ〜店舗装飾のヒント【詳しく説明】

「集客」に最も大切な「選ばれるお店」になるために~店舗装飾コツ

 

 

 

関連している、その他の情報:

PR(外部リンク)

The following two tabs change content below.
野村 健(Takeshi Nomura)

野村 健(Takeshi Nomura)

有限会社次元クリエイト 代表: お店や施設、売り場のディスプレイ・店舗装飾、季節の飾り付け、POP(ポップ広告)制作を中心に、《集客》のための販売促進ツールのデザイン企画・制作、装飾品・インテリア・販促品の販売を行っています。 目指すことは、単なる「飾り」や「デザイン」ではなく、《共感性+意外性=面白い!》をテーマに、購買時点で消費者に「伝わる」《情報発信ツール》として、実店舗のディスプレイ・店舗装飾・季節装飾等の販促物制作を提供したい、と考えています。〜加盟団体:福岡県中小企業家同友会会員