店舗のディスプレイで「商品・サービス」のアピール

店舗や施設のディスプレイ・装飾、飾り付けの役割

お店のディスプレイ・装飾、飾り付けの役割は、

まず第一に、あなたのお店を知らない人々がお店の前を通るとき、

あなたが「売りたい商品(提供しているサービス)」、「勧めたい商品(提供しているサービス)」を

 

明確にアピールすることができる、

 

ということです。

 

 

季節やトレンドで旬な商品や、

 

販売計画の上で重要な商品

 

その時「売りたい」、「ススメたい」、

 

品物を、お客様に直接、タイムリーに伝えることができます。

 

 

お店の中で視覚的なポイントをつくることで、

来店したお客様に一目で、瞬時に「オススメ」を告知・訴求することができるのです。

 

 

よく、マーケティングの観点から、

 

「お客様のニーズに合った商品を販売しないと…」

 

とか、

 

「お客のニーズを調査して知ること…」

 

とか、言われてますが、

 

実は、大抵のお客様はニーズを持たず、行動しています。

 

普段の生活や買い物で、しっかりとした「目的」、「ニーズ」を持って行動している人は、実はそんなに多くないんです。

 

 

大抵の人々は、様々なお店から、色々な「商品情報」を取り入れ、

 

今の自分に「必要」なモノか、

 

「今はいらない」モノか、

 

を、常に頭をめぐらせながら、瞬時に判断しています。

 

それらを店頭で見て、

その時、初めて自分のニーズを

 

思い出したり、

 

発見したりします。

 

 

その一瞬が最大の販売チャンスなのです。

 

その販売の最大のチャンスを逃さないためにも、

事前に店頭のディスプレイでアピールして、

購買時点で、お客様のニーズを呼び覚まし、刺激することが大切ですね。

 

言わば「モノ言わぬセールスマン」です。

 

 

店舗や施設のディスプレイ・装飾、飾り付け、POP(ポップ)広告は、

「商品アピール」で明確にして、

購買時点という現場で、商品(提供するサービス)の内容や魅力を伝える効果的な販売促進ツールなんです。

 

 

ご興味が沸かれましたら、ぜひお試しください。

 

 

※「ディスプレイ」について【詳しく解説】

店舗を飾り付ける・商品を飾る ? ディスプレイ(display)とは

 

※「ディスプレイチェックリスト」について【詳しく解説】

お店の「集客」に役立つ店舗ディスプレイ・装飾【チェックリスト】

 

※「リピーターを増やすコツ・ヒント」について【詳しく解説】

リピーター獲得のために「装飾・ディスプレイ」ができること。

 

 

 


関連している、その他の情報:

PR(外部リンク)

The following two tabs change content below.
野村 健(Takeshi Nomura)

野村 健(Takeshi Nomura)

有限会社次元クリエイト 代表: お店や施設、売り場のディスプレイ・店舗装飾、季節の飾り付け、POP(ポップ広告)制作を中心に、《集客》のための販売促進ツールのデザイン企画・制作、装飾品・インテリア・販促品の販売を行っています。 目指すことは、単なる「飾り」や「デザイン」ではなく、《共感性+意外性=面白い!》をテーマに、購買時点で消費者に「伝わる」《情報発信ツール》として、実店舗のディスプレイ・店舗装飾・季節装飾等の販促物制作を提供したい、と考えています。〜加盟団体:福岡県中小企業家同友会会員