お店や施設のディスプレイ・店舗装飾、飾り付け、POP(ポップ広告)など販促ツールを制作する際に役立つ思考法(その②)

このブログは、お店や施設のディスプレイ・店舗装飾の「お役立ち情報や豆知識」を紹介しています。

ディスプレイ・店舗装飾、飾り付けを導入するために必要な考え方やコツ、アイテム紹介はもちろん、展開の方法や、販促や集客企画の手法、ビジネス・商売に関する「気づき」、思いつきのアイデア、仕事に対する「ヒント」まで、店舗装飾、飾り付けの仕事を通して、思ったこと、感じたことを個人的な見解で発信しています。

今回は、前回のブログ、勝手に考えたパチンコ店の販促ツールを「モノからコト」思考で制作する方法(その①)」をさらに展開したいと思います。

 

パチンコ店のディスプレイ・店舗装飾などの販促ツールを「モノからコト(ヒト)」思考で制作する方法

モノや情報が溢れている現代社会で、商品やサービスの販促物(ディスプレイ・店舗装飾、POP(ポップ広告など))を制作するときに大切なことは、売っている「モノ(商品やサービス)」を通して、買った人が「(体験する)コト」を想定することが重要だ、ということをお話ししました。

いわゆる「モノ」から「コト」思考。

それを、パチンコ店の販促物(ディスプレイ・店舗装飾、POP(ポップ広告など))制作に具体的に置き換えたとき、お客様がパチンコ店に行く「本当の動機」を深く思考すると、

 

『お客様は、「お金」が欲しいわけではなく、

稼いだ「お金」で、○○○な体験を手に入れたい」と思っている』

 

と、いう思考をすることが、今のパチンコ店の販促物には必要です。

今回は、それをもう少し具体的に掘り下げて考えてみることにします。

 

 

「お客様はパチンコで得た「お金」でどうしたいのか?」を、掘り下げて考えてみる。

物欲は人それぞれです。

パチンコ店の販売促進ツール(ディスプレイ・装飾、POP(ポップ広告など))の制作における思考として、批判を恐れずに言うと「働いてお金を稼ぐ」ということと「パチンコでお金を稼ぐ」ということは、同じ意味として捉えていいと思うんです。

「お金を稼ぐ」ことで、好きなものが買えるし、欲しいものを手に入れる、そうすると「しあわせ」になれます。

通常であれば人は、働いて「お金を稼ぐ」んですけど、それに加えて生活の余った時間(余暇)をパチンコに費やして「お金を稼ぐ」のです。

だから、

「もし、勝てたら…」

の、「…」部分に「各々が、“しあわせ”と感じるコト」をイメージしてパチンコ店に行くのではないか、と想定してみる。

お客様が「お金を得た」後のコト(体験)を想定するということ。

 

okane01

 

 

それは、

「ステキな彼女がいる、あのお店に呑みに行こう!」

かもしれないし、

「欲しかった、あの商品を買いに行こう!」

かもしれない。

「妻への誕生日プレゼントの予算アップ」

とか、

「両親を温泉旅行に連れて行こう」

とか、

出せばキリがないくらいあります。

 

だって「パチンコ店に行く」ということは、「「お金を得る」ことができるかもしれない」ってことだから。

 

「モノを得る」ではなく「お金を得る」ということがパチンコ店の特殊なところで、一般の施設やお店と大きく異なりますね。

「お金を稼ぐ」ところだから、お客様の“しあわせ”は千差万別、様々なコトになってしまう。

千差万別なことを「モノからコト(ヒト)」と思考すると、様々なコトを考えて表現しなければならない。

 

そこで、千差万別に“表現”できることを、考えてみる。

様々な“人々のしあわせ”観を、チラシやDMなどの販促物(ディスプレイ・店舗装飾、POP(ポップ広告)など含む)で表現してみること。

それが、パチンコ店における「モノ」から「コト(ヒト)」思考。

今のパチンコ店の販促ツール表現・演出には必要ではないでしょうか。

 

 

コンビニのような品揃えの賞品・景品コーナーを、「コト」演出して“しあわせ”に気づいてもらう

例えば、販促ツールのひとつ、店舗のディスプレイ・店舗装飾を企画するとき、様々な“しあわせ”を考えて、実現可能なことを店内で演出してみる。

競合他社に“勝つ”ことではなくて、お客様を“しあわせ”にすること

 

一番に表現できる場所が「賞品・景品コーナー」。

 

パチンコ店の賞品・景品コーナーって、まるでコンビニのように、ありとあらゆる「モノ」があるんですよね。

一般的にパチンコ店では、賞品・景品コーナーが設けられ、日用品や雑貨品、財布などの小物や服飾品、おもちゃなどなど様々なモノを置いてるんです。

でも、それだけでは他店でもやっている。

 

ただ、整然と並べるだけでは、余程「欲しい」っと思っていない限りお客様はスルーしていきます。

 

そこで、賞品・景品コーナーを「コト」演出、ディスプレイ陳列・店舗装飾してみるのです。

ひとつひとつの賞品をカテゴリー別に分けて、ステージを設置し展示してあげるとどうでしょう。

例えば、

GWや夏休みの時期に合わせて「アウトドア」のカテゴリーで関連グッズを特別展示スペースを設けてセッティングする。バーベキューセットやテント、簡易テーブルや折り畳みのイス、花火や外であそべるオモチャもあっていい、その他アウトドアの便利グッズ小物・ちょっとした豆知識情報なども掲示してみる、などなど、アウトドアにまつわる様々なモノを展示して「アウトドアシーン」を演出します。

他にも、「ダイエット特集」や「流行のTシャツフェア」などの物販品カテゴリーや、「車で行ける近隣の温泉巡り」、「懐かしのキャラクターグッズ展示」などのカテゴリー別の「情報発信」もアリ。

 

つまり、パチンコ店が、

パチンコ台以外のライフスタイルやトレンド商品の詳細「情報」を「発信」する

、ということ。

 

そうすると、

「ある人にとっては価値のあるものでも、ある人にとってはまったく価値のないもの」

という賞品・景品コーナーになるかもしれません。

 

しかし、そんな「情報発信」を2〜3週間の単位で、時期やシーズン、イベントなどに合わせて切り替えていくことで、各々のライフスタイルや商品の情報発信し、千差万別のコトに、

「共感する」人々を創出していくことができます。

それを見たお客様の中には、「共感」したり、自分のニーズを思い出す人や「あ?行ってみたいな」とか「これ、いいなぁ」という人がいらっしゃるはずです。

 

なぜなら、お客様は皆さん「お金を稼ぐ」ことで、

自分の“やりたいこと”“しあわせ”になれることをしたいのですから。

※勝てるかどうかは「運」次第でしょうけど。

 

pop-up04

 

既存の賞品・景品コーナーで「モノ」は揃っています。

それらを利用して、お客様が「お金を得た」後のコト(体験)をディスプレイ・店舗装飾で「演出」して、「提案」することで、“しあわせ”に気づいてもらう。

そんなパチンコ店だったら、「勝負」に関わらず、行ってみたい!と思いません?

 

あ、でも、やっぱり「勝負」には勝たなきゃダメなんですけどね…

 

「コト(体験)」に気づいたお客様や、お店が提案するライフスタイルに「共感」した人は、その日は負けても、自分だけの来店する「動機」を見いだしてくれます。

「次回はどんなステキな商品との出会いがあるだろう」と期待する、

そんな楽しみのあるパチンコ店だったら、きっとまた来店してくれるはずです。

 

ご興味湧かれましたら是非お試しください。

 

 

※お店や施設の「集客」に役立つディスプレイ・店舗装飾の販促アイデア【詳しく解説】

「情報発信」するディスプレイ・店舗装飾〜ポップアップショップ

 

お客様に「好きになってもらう」キーワード『共感』について【詳しく解説】

お店や施設を「好きになってもらう」ためのヒント『共感』とは

 

※「ディスプレイ」について【詳しく解説】

お店を飾り付ける・商品を飾る 〜 ディスプレイ(display)とは

 

 

 

関連している、その他の情報:

PR(外部リンク)

The following two tabs change content below.
野村 健(Takeshi Nomura)

野村 健(Takeshi Nomura)

有限会社次元クリエイト 代表: お店や施設、売り場のディスプレイ・店舗装飾、季節の飾り付け、POP(ポップ広告)制作を中心に、《集客》のための販売促進ツールのデザイン企画・制作、装飾品・インテリア・販促品の販売を行っています。 目指すことは、単なる「飾り」や「デザイン」ではなく、《共感性+意外性=面白い!》をテーマに、購買時点で消費者に「伝わる」《情報発信ツール》として、実店舗のディスプレイ・店舗装飾・季節装飾等の販促物制作を提供したい、と考えています。〜加盟団体:福岡県中小企業家同友会会員