オフィスや受付に植物を飾って「仕事の効率」を高めよう

店舗や施設のディスプレイ・装飾のヒント~観葉植物や緑(グリーン)をオフィスの受付や応接室に「飾る」意味

「無機質」な空間を植物やグリーンを飾り付けして「潤す」

会社や事務所、オフィスで、受付カウンター・受付窓口、応接室などの装飾やディスプレイ、インテリアの飾り付けを考えるとき、植物や緑(グリーン)の設置は、手軽で簡単な方法だと思います。

オフィスや事務所に訪れるお客様を、丁寧にお迎えするための「お招きごころ」ですけど、

特に「観葉植物」は 1960年代あたりから、オフィス向けのグリーンレンタルが浸透して、一般家庭にも普及していったという経緯がありますし、たくさんの企業で使用されてい ますね。

 

オフィスや受付窓口に限らず「職場」という空間は、どうしても机やイス、パソコン機器、プリンター複合機などの備品や機械類が多く、「無機質」(※無機質とは、「生命や感情が感じられない冷淡・淡泊な印象」)になりがちです。

 

また、仕事の打ち合わせで来社されたお客様をお通しする「応接室」や「ミーティングルーム」、「会議室」なんかも必要最低限の備品があるだけなので、クール過ぎて殺風景になってしまいます。

 

そんな場所に、植物(観葉植物や生花・造花)などの緑(グリーン)を採り入れた装飾物を置くだけで、まったく印象が変わります。

 

植物などのグリーン(緑)は、無機質でクールなイメージの「職場」の雰囲気を潤し、和らげてくれるからです。

 

IMG_0421

 

「植物は、お金や手間がかかるし、面倒だから必要ない」

 

「置くスペースが無いし、気にかけてられない」

 

と、言われれば、確かに会社や事務所、オフィスは「職場」であって、「ビジネス=仕事」をしているわけですから、その通り…かも知れません…が。

 

PR(外部リンク)

 

オフィス、事務所などの職場で植物や緑(グリーン)を装飾した際の効用。

では、会社や事務所、オフィスのような「職場」に、植物(観葉植物や生花・造花)や緑(グリーン)を装飾すると、どんな「効用」があるのでしょうか。

ちょっと、調べてみました。

 

①植物や緑色(グリーン)は、人々の目の疲れを解消する効果がある、といわれています。

眼疲労の実験で、植物を置いたときと置いていないときを比較したとき、植物を置いたほうが眼の疲労が少ないという実験結果が確かめられたそうです。

そして、眼に一番優しい色は、緑色(グリーン)です。

緑色(グリーン)の光の波長が短く、眼の波長域に適しており、眼に負担をかけないため、緑(グリーン)は長時間見ていても「疲れない色」、目を「休める色」とされています。

逆に赤色は波長が長いために眼の波長域に適さず、眼には良くないと言われています。

(だから、赤色は「目立つ」色なんです)

 

植物や緑(グリーン)を見ると眼の疲労が解消されるということですね。

 

通信機器が発達している現代の人々は、パソコンやスマホなどの「画面」を見つめる時間が長くなってます。

一日中パソコンの前で仕事をしている方々や、スマホよく覗いている方々は、

「パソコンの横など机上に植物を置く」

「眼につく場所に植物を置く」

と眼を癒したり、休めたりする効果があります。

 

 

midorie-img03

 

「生きた植物」を絵画のように壁面に飾るディスプレイアイテム

 

②植物や緑(グリーン)を装飾すると、心理的リラックス効果がある、といわれています。

植物や緑(グリーン)を置くことで、気分をゆったり、穏やかに「リラックス」させることができます。

人は「リラックス」状態のときに脳波がベータ波からアルファ波に変わります

アルファ波は精神的にも肉体的にも良い影響をもたらす脳波です。

 

それは植物や緑色(グリーン)に反応し、人の脳波から無意識にアルファ波が増幅されるという実験結果が出ています。

アルファ波状態になると血圧を低下させ、筋肉の緊張をほぐし、ストレスが低減され「リラックス」状態になります。

midorie-img02

 

③ストレスの低減、解消。

人は「アルファ波」によってリラックス状態になったとき、筋肉の緊張が解け「ストレス」や「不満」が軽減されます。

「職場」は常に緊張感に満ちています。

仕事中は、お客様の接客や打合わせ、社内会議、人間関係や数字のことなどなど、絶えずストレスを抱えながら皆さん一日中頑張ってますよね。

そんなとき植物や緑(グリーン)を見ていると、「ホッ」と落ち着きませんか?

 

休憩のとき、少しの時間でも自分を「ストレス」や「不満」から解放してあげると、仕事の効率も良くなるはずです。

アルファ波は脳を活性化させ、免疫力を高める効果もあるそうです。

 

midorie-img04

 

壁面や柱面に植物(グリーン)をディスプレイ・装飾する

 

④植物や緑(グリーン)を装飾すると、モチベーションの向上につながる、といわれています。

上記の効用から、ひとは植物や緑色(グリーン)を見ると、疲れた眼を癒し、ストレスや不満から解放され、リラックスした状態になることが分かります。

また、脳の活性化や免疫力を高める効果もあり、「職場」で植物や緑(グリーン)を装飾・ディスプレイすることで、会社や事務所などオフィスで働くスタッフさんや社員さんたちの「集中力」が高まり、「モチベーション」が上がる、といわれています。

 

「仕事の効率化」にも繋がるんですね。

欧米の研究で、植物や緑(グリーン)の効用として、「モチベーションの向上」はもちろん、「生産性の向上」や「職場における満足感の向上」に繋がり、労働環境の改善に大きく関わっていることが証明されています。

 

 

「職場」では、自分の部屋のように「好きなもの」を飾ったり、机上に置いたりできませんね。

でも、植物や緑(グリーン)ならば、誰が見ても納得されるはずです。

だって、皆さん、植物や緑(グリーン)を見て「癒される」はずですから。

 

ご興味が湧かれましたら、是非一度お試しください。

 

【グリーン・フレーム(造花:壁掛け用)】 定価:¥27,000(税込)

フレーム:高さ400mm×幅400mm  【使用造花材料】モスマット・ポトスブッシュ・ウォーターグラスピック・ホウチャクソウ・ファーンバンドル・アナチャリスピックバンドル・ボールデンパインピック・フィットニア・コーディライン・ホヤスプレー・スタイロ

受注制作しておりますので、デザインやサイズ、納期などご相談承ります!

※グリーンの在庫状況により種類を変更します。ご了承ください。

※ご希望の場合は専用の化粧箱を準備させていただきます。(箱代は別途【1,620円(税込み)】にて承ります)購入時にご明示ださい。(ご希望の場合はメールにて制作状況をお知らせすることもできます。お見積依頼時にご明示ください)

商品ご購入・お問合せ:092-292-3966 または、カザリラボ・ストアから

 

 

 

 

※「「集客に役立つ」ディスプレイ・装飾、飾り付けとは」について【詳しく説明】

『人々の感情に響かせ、人々のこころを動かす【情報発信】』

 

※「差別化ではなく独自化で他店と差をつける」について【詳しく説明】

今の時代、お店にとって大切なことは「差別化」よりも「独自性」

 

店舗や施設で「お客様の数を増やす」ためのディスプレイ・装飾、飾り付け【詳しく説明】

お客様の「入店数」を増やす3つのポイント

 

 

 

 

関連している、その他の情報:

PR(外部リンク)

The following two tabs change content below.
野村 健(Takeshi Nomura)

野村 健(Takeshi Nomura)

有限会社次元クリエイト 代表: お店や施設、売り場のディスプレイ・店舗装飾、季節の飾り付け、POP(ポップ広告)制作を中心に、《集客》のための販売促進ツールのデザイン企画・制作、装飾品・インテリア・販促品の販売を行っています。 目指すことは、単なる「飾り」や「デザイン」ではなく、《共感性+意外性=面白い!》をテーマに、購買時点で消費者に「伝わる」《情報発信ツール》として、実店舗のディスプレイ・店舗装飾・季節装飾等の販促物制作を提供したい、と考えています。〜加盟団体:福岡県中小企業家同友会会員